ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「悪いのは宮崎アニメですよ!」 アニメ規制がテーマの『TVタックル』にて江川達也先生が持論を展開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月1日、テレビ朝日系列にて『ビートたけしのTVタックル』が放送された。
テーマは「ロリコン・暴力 アニメに規制は必要か? 徹底討論」というもので、冒頭で今年7月に岡山県で起こった小5女児誘拐監禁事件の容疑者の部屋の壁に美少女アニメのポスターが隙間なく貼られていたことを取り上げ、「アニメと犯罪の関連性」について議論がなされた。
『魔法少女リリカルなのは』の「小学生が主人公」ということが強調されたり、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版で暁美ほむらが自分の頭を拳銃で撃ちぬくシーンを「過激な暴力描写」の例として挙げられたり、はたまた「過激の代表格」としてアニメ『進撃の巨人』が紹介されるなど、『Twitter』などではツッコミが多数入るなどして盛り上がっていた。

「規制賛成派」と「規制反対派」に別れて激論が交わされる中、「規制反対派」の漫画家・江川達也さんは「犯罪を犯す人の認知のゆがみ」について持論を語る。江川さんが

「悪いことを正当化させてしまう認知のゆがみがあり、良いアニメと悪いアニメがあるのだが、むしろエロをエロとして描いているものは良い」
「良くないのは宮崎アニメですよ。僕は一番宮崎アニメが悪いと思っていて」

と言うと、司会の阿川佐和子さんは「大きな敵を作りましたね」と返答し、大竹まことさんは「さっきまで江川さんの言うことを”そうだそうだ”と聞いていた人が、今の話で全員離れていってしまった」と語る。

江川さんによれば、宮崎アニメは

「プロの目から見るとわかるんですよ。エロとバイオレンスが巧妙に隠されている」

とのことである。

同じくゲストとして出演していた岡田斗司夫さんは、番組放送前に

江川達也さんが「痛みを感じる暴力描写や、性欲を抱かせるロリコン・萌え描写はかえって健全。それよりも真に有害なのは宮崎アニメ。ロリコンを隠して健全な映像に仕上げているから、欲望が正当化されてしまう」と主張していたけど、あそこ絶対にカットされるだろうな。

と『Facebook』に記していたのだが、無事(!?)放送されたようである。

江川さんのこの意見、読者の皆さんはどう考える?

※画像はテレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP