ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、HTC J One HTL22にAndroid 4.4.2 / Sense 5.5へのアップデートを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 9 月 2 日、HTC 製 Android スマートフォン「HTC J One HTL22」の Android 4.4(KitKat) アップデートを開始したと発表しました。今回は OS のバージョンアップ(Android 4.4.2へ)を伴う大規模なアップデートです。また、OS のバージョンに加えて、HTC独自のUX “Sense”も「Sense 5.5」にバージョンアップされます。Sense 6 ではないみたいです。Android 4.4.2 では、アプリをフルスクリーンで利用できる「Immersiveモード」やワイヤレス印刷、NFCカードエミュレーションモード、ウェアラブルデバイスなどに用いられる新タイプのセンサー、Bluetooth HID over GATT、Bluetooth MAPなどの新プロファイルのサポートが行われています。また、メモリ消費量の削減を目的とした変更を「Project Svelte」の下で行っているので、アプリの実行性能やマルチタスク性能も改善されると思います。HTC BlinkFeedUI のアップデート、カスタムトピックの作成、読みたいリストの作成をサポートビデオハイライトBGM をお好みの音楽に設定可能に写真ギャラリー、音楽プレイヤーUIのアップデートロック画面ウィジェットページの追加に対応クイック設定パネル表示項目のカスタマイズに対応位置情報の設定3つのモードから選択できる分かりやすいUIに刷新GIFフォーマットの作成絵文字の入力方法変更と絵文字の個数追加一点だけ注意すべきことがあります。それは、Android 4.4 を搭載した HTC J One では「Run&Walk」サービスにおいて会員コースを変更すると Run&Walk アプリが起動しない、ワークアウトの走行ルート地図の表示がずれる問題が発生します。この不具合は 9 月中に修正される見込みなのですが、不具合の影響を受けたくない場合は解消後にアップデートすることをおすすめします。アップデートにかかる時間は 20 ~ 25分(Wi-Fi / LTEの場合)、アップデート後のソフトウェアビルドは「 3.13.970.12」です。Source : KDDIHTC Nippon


(juggly.cn)記事関連リンク
Paranoid Android 4.6 Beta1がリリース、上下バーの色をアプリに合わせて自動的に変更する「Dynamic System Bars」が追加
Samsung SM-A5000がGFX Benchに登場、Snapdragon 410や約500万画素のフロントカメラを搭載
Sonyの新しいレンズスタイルカメラ「QX1」のプレス画像が流出、Eマウントを採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP