ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】世界最小のiPhone用スタビライザーに挑む気鋭の企業を直撃!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラを固定し、撮影の際生じる手ブレや振動を抑える装置「スタビライザー」。スマホカメラによる気軽な動画撮影がブームとなっている昨今、今後の需要に期待がかかる製品ではあるが、高額だったり、大きすぎて持ち歩きには不便だったりと、さまざまな弱点が潜んでいる。

そんな問題点を解決し、身近なスタビライザー開発に挑んでいるのが、熊本の企業、アドプラスだ。カメラ及びその周辺アクセサリーで培った技術を生かし、今年3月より製品化に着手。デザインが象に似ていることから「Elephant Steady」と名付けられた本品は、出資を募った米国のクラウドファンディングでも、大きな反響を呼んでいる。

小さく、軽量。持ち運び便利なポケットサイズ。かつてないほどコンパクトで高機能なスタビライザーをめざし、鋭意奮闘中の同社。開発の経緯や現在の状況を伺うべく、担当取締役、清家 英明(せいけ ひであき)氏を直撃した。

市場にない低価格で小さい製品を企画

Q1、製品開発のきっかけについて、お聞かせください。

スマートフォンで使うスタビライザーを探していても、どれも高価で携帯するには大きすぎるものばかりでした。そこで、低価格で小さい物を作ろうと、今年の3月くらいから企画を始めたのです。

私どもが製造販売している「GIMZON」の製品は、スマートフォンで撮影を楽しむことを目的として作られていますが、「Elephant Steady」も同様に考案されたものです。「Elephant Steady」を取り付けたiPhoneで動画の撮影をすれば、ブレのない美しい動画が気軽に撮影できるようになると思います。

Q2、「世界最小のスタビライザー」とのことですが、その辺も含め、製品の特徴について、詳しく教えていただけるでしょうか。

「Elephant Steady」以前の一般的な電動式のスタビライザーは、マイクロプロセッサーを内蔵していて、その制御によりモーターを稼働させています。マイクロプロセッサーにはジャイロコンパス等の高度なセンサーも搭載する必要があるため、大型になる上、値段が高くなってしまうという難点があります。

これに反して「Elephant Steady」は、iPhoneに内蔵しているマイクロプロセッサーやセンサー、アプリを利用するので、高価な部品を使う必要がなく、小型化できます。特に、ポケットに入る電動式のスタビライザーは、今までになかったものではないかと思います。

リリースは来年春頃を予定

Q3、クラウドファンディングにて資金調達されたそうですが、手応えはいかがですか?

「Elephant Steady」をクラウドファンディングに出す前は、反響があるか心配していたのですが、大変良い結果になっているのでうれしいですね。無事に開発資金が得られたので、これから一層頑張ろうと思います。

米国のKickstarterでの反響を見ますと、日本の方からの受けが一番いいような気がします。その他の国ですと、ロシアですかね。

Q4、製品は現在開発中とのことですが、正式なリリースはいつ頃になりますか?

来年の2月に投資してくれた方へのリターンを行う予定です。一般での販売はその1ヵ月後と考えています。どうぞご期待ください!

「今後もユニークな製品を作っていきたい」と、未来への意気込みを語る清家氏。来春には象の形をした美しいスタビライザーが世に出ていることだろう。それまで楽しみに待ちたい。

Elephant Steady

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP