体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メモ:クルーグマンの発言として出典不明のデタラメを広める岩上安身氏(flip out circuits)

メモ:クルーグマンの発言として出典不明のデタラメを広める岩上安身氏(flip out circuits)

今回はoptical frogさんのブログ『flip out circuits』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/656511をごらんください。

メモ:クルーグマンの発言として出典不明のデタラメを広める岩上安身氏(flip out circuits)

「ジャーナリスト」を称する岩上安身(いわかみ・やすみ)氏を主な発信源として、ポール・クルーグマンが次のように言ったという話が、ごく一部で広められている:

2008年のリーマンショック以後、ノーベル経済学賞のポール・クルーグマンが言った言葉が忘れられない。
「この大不況を乗り切るためには惑星一個分の新たな輸出市場か、第三次世界大戦が必要だ」。
(参照:IWJ Independent Web Journal*1)

*1:『IWJ Independent Web Journal』
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/140101

岩上氏は,Twitterでも同様のことを述べている:

メモ:クルーグマンの発言として出典不明のデタラメを広める岩上安身氏(flip out circuits)

参照:「岩上安身@iwakamiyasumi」 2012年07月14日 『Twitter』
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/224244800029868032

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/08/i01.jpg

とくにこのツイートでは、クルーグマンの発言とされるものと「収奪」を結びつけている点に注意したい。

さて、クルーグマンがこうした発言をしたとは、まず考えられない。理由は次のとおり:

1. 上記の岩上氏も含めて、この話の出典がない。
2. クルーグマンが惑星間貿易や世界大戦に言及した例はあるが、それはまったく別の文脈のことであり、「大不況を乗り切るため」にそれらが本当に必要だと主張してはいない。

このエントリでは、上記2点を順に取り上げて、最後に、岩上氏の発言のどこがとくによくないのかを述べよう。

1. 発言のソースについて

岩上氏はいずれの引用でも、出典を明示していない。文章ではなく、口頭の発言で記録がなかったとしても、いつ・どこでなされた発言なのかは示せるはずだけど、彼はそうしていない。(念のために、彼にTwitter上でソースについて問い合わせた*2ものの、あっさり無視されてしまった――これは、たんにうっとおしいリプライを無視しただけかもしれないけど。)

*2:「岩上安身@iwakamiyasumi」 2012年07月14日 『Twitter』
https://twitter.com/optical_frog/status/224317601310965760

2. 似て非なるクルーグマンの実際の発言

クルーグマンが「惑星1個分の輸出先が必要」と似て非なることを言ってる文章はある。たとえば、次のような例が確認できる。

まず、2009年5月14日、台北でのフォーラムでの発言:

世界的リセッション(景気後退)はある意味で「日本の失われた10年よりも悪い」として、初期の落ち込みがより深いことに加え、日本とは異なり外需によって景気を回復させることができないと解説。「世界全体が大幅な貿易黒字を出すためには、相手方となる別の惑星を見つけなければならない」と語った。

(参照:ブルームバーグ*3;強調引用者)

*3:『bloomberg.co.jp』
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-KJMGS90D9L3501.html

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。