ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

眼球の血管パターンで本人確認する生体認証「EyeVerify」、実用化へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生体認証と言うと、指紋や虹彩、音声などを用いたものが知られているが、このほど開発されたのは眼球の白目部分を走る血管で本人確認するシステム「EyeVerify」。米銀行のネットバンキングなどで採用される見通しだ。

どういうふうに使うのかと言うと、まずユーザー自身の顔をスマートフォンのカメラで自分撮りし、ID登録する。そしていざネットバンキングなどのサービスを使うとき、アプリを立ち上げてパスワードを入力する代わりにカメラで目を映し、白目部分の血管のパターンをマッチングして本人かどうかをチェックするという仕組みだ。

このメリットは、一つにはパスワードより安全性が高く、パスワードを盗まれて被害に遭う事態を防げることが挙げられる。また、EyeVerifyによると、他の生体認証に比べ精度が高く、ユーザーのスマホを使うので導入コストが安く抑えられるのだという。

ユーザーにしてみても、安全性が確保されるのはもちろん、いちいちIDやパスワードを入力する必要がないのでアクセスが容易になるという利点がある。

EyeVerifyがこのほど行った2回目の資金調達には、米銀行のWells Fargo Bankの他、携帯電話事業のSprint、中国のインターネット・セキュリティ会社Qihoo 360が計600万ドルを出資した。

EyeVerifyの共同創設者の1人によると、今回調達した資金を元に今後は銀行や通信企業、政府機関などに売り込んで行く方針だ。

今は多くの人がショッピングやバンキングなどでインターネットを活用している。サービスを展開する企業・行政にとっていかにセキュリティを確保するかというのは重要な課題で、この新技術が受け入れられる余地は十分にありそうだ。

EyeVerify

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP