ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5年の進化に鳥肌! 痛快アクションの自主制作アニメ「鬼斬娘」がすごすぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「鬼斬娘」より
同じテーマを題材に、2009年と2014年につくられた2つの自主制作アニメーションが話題になっています。

制作は、Rabbit MACHINEさんとpurikokoさんによるユニット・tsubura(つぶら)。

頭頂部に“誇り”を生やす化物を「鬼」と呼ぶ世界での、鬼と少女の物語が描かれています。

自主制作アニメ【鬼斬娘】 ᵗˢᵘᵇᵘʳᵃ

【ニコニコ動画】自主制作アニメ【鬼斬娘】 ᵗˢᵘᵇᵘʳᵃ

これが5年間の進化…!

動画は前半が2009年の「鬼斬少女」、後半が2014年に制作された「鬼斬娘」という構成です。5年分の比較も楽しんでもらうため、意図して似た展開や構図を盛り込んだとのこと。

動画を見たユーザーから「5年の間に一体何が」というコメントが寄せられているように、背景やアクション、色彩など、かなりのクオリティアップが見られます。

また、tsuburaのWebサイトでは、過去に制作された動画もたくさん公開されています。ぜひご覧ください!

引用元

5年の進化に鳥肌! 痛快アクションの自主制作アニメ「鬼斬娘」がすごすぎ

関連記事

700万円を資金調達した自主制作アニメに学ぶ 魅力的なキャラの描き方とは?
自主制作のコマ撮りSFアニメ「Junk Head 1」がヤバい!
タイ、ヤバい 自主制作アニメのクオリティが半端じゃない件

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP