ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪に登場したDIYショップ、初心者にも人気の理由をチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「住まいをカスタマイズしたい! でもDIYには自信がない…」という初心者から、「本格的にDIYしたいから、いい道具が欲しい」という上級者にまで頼りになるショップ「DIY FACTORY OSAKA」が大阪・なんばに誕生した。4月のオープン以来多くの人が訪れているというので、その人気の理由を探ってきた。さまざまなDIYツールを実際に手にとって、試してから購入できる

「DIY FACTORY OSAKA」は大阪・南海なんば駅から徒歩約10分、南海電鉄の高架下に誕生した新スタイルのDIYショップ。DIY工具を販売している店はホームセンターなど他にもあるが、「DIY FACTORY OSAKA」の一番の特徴はさまざまなメーカーの工具を実際に使って、試して購入できるという点だ。

「私たちは『つくる楽しさを、未来につなげたい。』というビジョンを掲げていて、DIYの楽しさを実体験できる空間をつくりたかったので、試用できる商品展示とワークスペースを併設した店舗にしました。ファッションは試着して自分に合うモノを選びますよね、同じことをDIY工具でも実践してほしいのです」と語ってくれたのはフロアマネージャーの白濱匠太郎さん。

運営会社・大都はもともと総合金物工具商社だったが、10年程前からネット通販サイト「DIY-tool.com」を立ち上げて小売業をスタート。しかしPCやスマホの画面だけでは工具・道具の良さや使い心地は伝えきれない、という思いからリアル店舗の展開に至ったそうだ。

反響は予想以上に大きいようで、来店者は男女ほぼ半々、ほとんどがDIY初心者、なかでも30代の女性が一番多いというから面白い。商品はすべてオンラインショップでも購入できるので、「デートの途中で来店、試用したうえで決定、スマホでオーダーし、受け取りは自宅で」という強者(つわもの)DIY女子もいるそうだ。

【画像1】店舗は高架の柱をうまく活用し、メーカーごとに各種のツールがまとめて展示販売されている(写真撮影:井村幸治)

【画像2】工具メーカーにとってはアンテナショップ的な場所にもなっているようで、取材当日もひとつのコーナーが改装中だった(写真撮影:井村幸治)

【画像3】レインボーカラーの六角レンチや工具ボックスなど、『DIY魂』をくすぐるツールもたくさん。カラフルでカッコイイものは思わず手にとってしまう。電動工具も実際に動かして試すことができる(写真撮影:井村幸治)

【画像4】ペンキや刷毛、ドアノブ、接着剤など、住まいのカスタマイズにも即戦力となるアイテムもそろっていて、Webショップでオーダーもできる。人気ナンバーワンは貼ってはがせる接着剤「セメダインBBX」、2位は塗ったところが黒板になる塗料「チョークボードスプレー」とのこと(写真撮影:井村幸治)失敗も楽しみのひとつ! 木工ワークショップでスツールづくりを体験

「DIY FACTORY OSAKA」のもうひとつの特徴はワークスペースを併設している点。都市部の集合住宅などではカスタマイズをしたくても、作業を行うためのスペースがないという問題がある。その点、高架下は作業スペースを確保できて大きな音を出しても問題が生じない、都心部では貴重な場所。その特徴を活かしたのがワークスペースで、レンタル料を払えば作業工房としても利用でき、プロ仕様の各種工具もそろっているそうだ(会員登録が必要、木材などの材料は持ち込み)。

また、ワークスペースでは溶接、木工、陶芸、壁紙貼り、壁塗りなどのワークショップも毎週のように開催されている。取材した日にも「木工入門! 紀州杉でスツール作り」が開催されており、参加していたのはママ友同士という女性の二人連れで、どちらもDIY初心者だった。

「初めてのDIY体験です。子どもの机や椅子をつくってあげたいという夢があって、友達を誘って来ました。都合が悪くて来られなかった友達も他にもいるんですよ。電動の工具は結構大きな音がしてビックリ。引き出しがついた机づくりが目標ですが、まだまだ難しそうです(笑)」と参加された女性。

【画像5】のこぎりをまっすぐに挽くためのツール「ソーガイド」を使って材料をカット。初心者でも失敗なく木材の切断ができ、ショップでも実際に試用可能だ。この後、ワックスを塗って組み立て作業に(写真撮影:井村幸治)

【画像6】「インパクトドライバー」という電動工具を使った組み立て作業では、力が入りすぎたのか材料を貫通する失敗もあったが、木材のカットからワックス塗りをもう一度やり直してリカバー。少しの失敗も完成したときには良い思い出になる、これもまたDIYの楽しみ方のひとつだろう(写真撮影:井村幸治)

白濱さんは「もっと自分らしい暮らしを手に入れたい、だから自分でつくってみようと考える人が増えていますね」と教えてくれたが、確かに先日取材した大阪府箕面市・粟生団地のカスタマイズ賃貸のケースもDIY初心者の方だった(http://suumo.jp/journal/2014/07/18/66298/)。「DIY FACTORY OSAKA」の来店者やワークショップの参加者の様子をみていると、DIYの裾野はもっともっと広がっていきそうだと実感した。●DIY FACTORY OSAKA
HP:http://www.diyfactory.jp/
●DIYツールドットコム
HP:http://www.diy-tool.com/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/08/25/67939/

【住まいに関する関連記事】「ごちそうさん」に登場した、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーをつくってみた
壁を自由にカスタマイズ!「カスタマイズUR」の入居者募集がスタート
「カーネーション」効果で今年はスゴい!? 「岸和田だんじり祭」開催
素人の家具づくりをサポート。建築会社が運営する“工房カフェ”
わが家にも設置可能? 室内用ハンモックのある生活

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP