ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【どっちのミカタ?】甲子園 東海大四投手 超スローボール 9割 肯定派

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。
第96回全国高校野球選手権で、2回戦で破れた南北海道代表の東海大四。東海大四といえば、エースの投手が投げた超スローボールが話題になった。しかし、この超スローボールに関して、元フジテレビのアナウンサーの岩佐徹氏が自身のツイッターで「ダメとは言わないが、少なくとも、投球術とは呼びたくない。」などと批判。これに対してネット上で議論が巻き起こり、レンジャーズのダルビッシュが「一番難しい球」と擁護。岩佐氏も後日ツイッターやブログで謝罪するなど騒動となっていた。
そこで今回のテーマは、東海大四エース投手の超スローボールについて、肯定派ですか?否定派ですか?結果は、ご覧の通り・・・
(n=585)
「肯定派」と答えた人は526人。「否定派」と答えた人は59人と、全体の約9割の人が「肯定派」と回答した。

「肯定派」と答えた人の意見は、こちら!

「速い球、遅い球を投げ分けるのは当然である。どちらも日々の訓練の結果、習得した投球であり、必要な場面で効果的に使うのは立派な作戦であり、技術である。相手の心理を乱す効果もあり、バッテリーの頭脳戦も楽しむことができる。」(48歳/女性/専業主婦)
「去年のファールボールカットの話も苦笑だったが、これに関しては本当に何が悪いのかまったくわからない。何キロだったらいいのか?60キロだったらいいのか?高校野球で150キロ以上は駄目とか言い出すんじゃないだろうか。だいたい、スローボールは見せ球だろう。これでバサバサ三振が取れるわけはないし、多投すれば単なる絶好球。スローボールが悪いなら盗塁や敬遠、スクイズ、バントもやめさせろ。」(42歳/女性/無職)
「高校生らしくないとうのが否定する人の考えなのでしょうが、スピードボールを投げられない投手にとっては、緩急をつけることが最低限求められます。いかさまではないのですから、その辺は許容範囲だと思っています。」(58歳/男性/自営業)
「緩急をつけて打ち取るのもピッチャーの技術だとおもう。個人的にはバシッと速球のストライクが好きだけど十人十色。スローボールを否定する必要はないと思う。」(46歳/女性/パート)
「それも投球術の一つですから。相手のバッターを打ち取ることがピッチャーの使命なので、可能な戦法を駆使するのは当然のことで、岩佐徹氏自体が解説者には不適切なだけだと思う。」(50歳/男性/自営業)

「否定派」と答えた人の意見は、こちら!

「やる気がないように見える。」(43歳/女性/会社員)
「投球技術としてはアリなのかもしれないが、見ていて面白くないので。」(40歳/男性/会社員)
「ふざけているようにしか見えない。」(43歳/男性/無職)
「高校生らしい 全力野球が好きです。」(62歳/女性/会社役員)
「高校野球の精神に反する。」(47歳/女性/専業主婦)

今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【どっちのミカタ?】甲子園 おにぎり女子マネ 73% 肯定派
【どっちのミカタ?】甲子園 健大高崎 大差時の盗塁 8割 肯定派
【どっちのミカタ?】まんだらけ 万引き犯の顔公開 8割 賛成

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP