ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「学び直し」で社会復帰を実現するには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

文部科学省は「学び直し」を大幅拡充する方針を決定

出産や子育てでブランクがある女性の社会復帰を支援する「学び直し」施策を知っていますか?大学や専門学校、公民館などで専門的な知識や技能を身につけてもらい、地元企業への就職や地域活動を始める女性を増やす制度です。文部科学省は、この制度を来年度から大幅拡充する方針を決めました。

今、第一子出産後に約6割の女性が仕事を辞めています。その女性たちが、子どもが成長し再就職を考えた時、戸惑うケースは少なくありません。仕事の探し方や家庭との両立への不安、そして「ブランク」によって社会で役立つのかどうかの不安が何より大きいからです。

そこで、働き続けていたら身についていたはずの知識・技能を「学び直し」によって習得し、自信をもって社会へ復帰してもらいたいというのが「学び直し拡充」の理由です。

「勉強したら必ず就職できる」と保障されているわけではない

しかし、女性の在宅就業支援事業の就職率が4割にとどまっていることが問題となっています(8/21付 読売新聞)。また、職業訓練の就職率も、コースによっては6~7割程度という結果も(厚生労働省 平成24年度 公共職業訓練実施状況)。

学び直しは「勉強したら必ず就職できる」と保障しているわけではなく、自律的に学び、知識・技能を積極的に習得し、就職の準備をしていくことで社会復帰につながるのです。また、学び直しの期間中には、チームで何かをやり遂げるためのチームワークスキルや、報告・連絡・相談、時間を守るといったビジネスマナーも身につけなければなりません。

不用意な「学び期間の延長」の選択は、社会復帰を遠ざける

大人になっての学びは楽しい時間でもありますが、同時に苦しい時間でもあります。家庭と両立しながらの勉強、独身時代と年齢を重ねた今の自分とのギャップ、新しいビジネスマナーの習得など、忙しさや厳しさに疲れてしまうこともあるでしょう。それを乗り切って社会へ復帰するためには、「この分野の知識・技能を習得したい」「社会復帰したい」という強い思いが求められます。何を学びたいのか、どのように社会に貢献したいかを考えるのは、自分と向き合う貴重な時間です。この機会にじっくり自己分析をしてみるのも良いでしょう。

「とりあえず資格を取得したい」「とりあえず勉強しておきたい」と「学び期間の延長」を選択してしまっては、ブランクが長くなるばかりで社会復帰は遠のき、年齢だけを重ねてしまいかません。本当に自分の興味や能力に合ったものを学び、社会で役立つイメージを持ちながら目標を立てて学ぶことが大切なのです。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。