ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Google検索アプリで音声検索用の言語を最大5つ登録可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google  が Android 版 Google 検索アプリの複数言語のサポート機能を有効にしました。これまでの音声検索は 1 つの言語しか設定できませんでしたが、今日から最大 5 言語まで設定できるようになりました。何が嬉しいのかというと、音声検索時に言うフレーズが適切な言語で認識されるようになったので、例えば、日本語と英語を選択したとして、「what time is it?」と言えば英語で、「福岡の天気を教えて」と言えば日本語として認識され、そのまま検索されます。従来、日本語の設定で英語を話すと、おかしな日本語として認識されていたのが、追加で英語を選択すると、英語として認識されるようになります。また、この機能のおかげで英語を第一言語に、日本語を第二言語に設定しておくと、日本語を捨てずにどの画面からも“OK.Google”機能を有効にすることも可能になりました。


(juggly.cn)記事関連リンク
LG G2のUIがAndroid “L”のアップデートの際にLG G3仕様に刷新されるという噂
Sony Mobile、 Xperiaデバイスの新しいサポートサービスをグローバル展開
Lenovo、ハイスペックな薄型軽量5インチスマートフォン「Lenovo X2」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP