ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トヨタ、台湾でNexus 7ベースの“スマートカーインフォテインメントシステム”「Toyota Intelligent System (TIS)」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自動車向け Android 「Android Auto」を開発する OAA には参加していないトヨタが、台湾で ASUS の子会社 Unimax と共同で Nexus 7 をベースにした着脱可能なカーインフォテインメントシステム「Toyota Intelligent System (TIS)」を発表したそうです。Mobile Geeks がレポートしていました。Android Auto は、2015 年にも対応車種が参加メーカーより発売される見込みなのですが、トヨタは少なくとも台湾では OAA メンバーとは異るアプローチで Android ベースの自動車用システムを提供しようとしているようです。TIS は従来のカーインフォテンメントシステムをスマートにする目的で開発された製品。この製品のためにカスタマイズされた Nexus 7 をダッシュボードに取り付けると、自動車の基本情報を閲覧できるほか、オンボード GPS によるナビゲーション、Googleマップ、Google音声検索、4G 通信機能を利用してネットから交通情報の取得したり、ネットラジオやマルチメディアをストリーミング再生することもできます。単に Nexus 7 を用いただけではなく、ドライバーモードとナビシートモードを提供するカスタム UI を備えています。他にも、NFC で他のオーディオデバイスとペアリングする機能もあります。

Source : Mobile Geeks


(juggly.cn)記事関連リンク
SNKプレイモア、KOF20周年を記念してGoogle Playストアのゲームアプリを100円で販売するキャンペーンを開始、8月26日まで
コクヨ、ノートに書くだけでデジタル化できるデジタルノート新モデル「CamiApp S」を発表、クラウドバックアップ機能もあり
Moto X+1とされるMotorolaスマートフォンのプレス画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP