ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaがクリスマスまでに8機種のスマートフォンを発売するという噂、Google ShamuのAntutu画面が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

他社と比べて新機種の発売が少ない Motorola。外から見るとそのように思えるのですが、社内では年末にかけて複数の機種の開発が進められているようです。Motorola のリーク情報を多数公開してきた海外の WEB サイト TK Tech News によると、Motorola はクリスマスまでに少なくとも 8 機種のスマートフォンを発売する計画らしい。その 8 機種とは、Droid、Droid Maxx、Droid Turbo、Moto S、Moto G、Moto X+1、Moto X Play、Google Shamu(コードネーム)の名前を持つものが含まれているそうです。Moto X+1 と Moto G は 9 月 4 日に開催される Motorola のイベントで発表される見込みです。Moto S とは、当初は 5.9 インチモデルと 5.2 インチモデルが存在し、5.2 インチモデルは「Moto X Play」になるとされていたのですが、5.9 インチモデルの開発が中止されたことで、5.2 インチモデルが Moto S として発売される可能性もあるとされています。3 機種の Droid スマートフォンは Verizon と AT&T から発売されるそうです。Droid と Droid Maxx はネーミングからして共通モデルで、バッテリー容量が異るだけと予想されます。Droid Turbo は以前の CPU-Z 画像から、WQHD ディスプレイ、Snapdragon 805 プロセッサを搭載したハイスペックモデルであることが判明しています。Google Shamu は、Motorola 製の Nexus スマートフォンだと言われています。上図は今回新たに流出した Antutu アプリのスクリーンショットで、画像によると、WQHD ディスプレイ、Snapdragon 805 プロセッサ、1,300 万画素カメラを搭載しています。Source : TK Tech News


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia C3が香港で発表、LTE対応のシングルSIM版と3GデュアルSIM版が販売
指紋センサーの付いたHuawei Mate7」とみられる「MT7-CL00」と「MT7-TL00」が中国で認証を取得。端末デザインと主要スペックが判明
2014年Q2にアジアで音声通話機能付きタブレットが急成長

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP