体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これがタランティーノの選ぶ2013年ベスト映画だ! 『オオカミは嘘をつく』の予告編&ポスター解禁

ookami_poster

筆者も毎年楽しみにしている、クエンティン・タランティーノ監督の独断と偏見による年間ベスト映画ランキング。中にはしばしば「んっ!?」と思う映画も混じっていたりいなかったりするのはご愛嬌(きょう)。そのタランティーノ監督が、2013年10月時点で発表した昨年のベスト映画トップ10をすべてひっくり返し、第18回釜山国際映画祭のティーチインにて「今年のナンバーワン作品だ!」と絶賛して話題となったイスラエル映画『オオカミは嘘をつく』(原題:『BIG BAD WOLVES』)が、11月22日(土)よりいよいよ日本公開となります。本日、その予告編とポスターが解禁となりました。

<ストーリー>
イスラエルの森の中で起きた、ある凄惨な少女暴行殺人事件。気弱で善良そうな容疑者、容疑者に復習を企む被害者の父親、型破りな不法捜査に乗り出す粗野な刑事――。本当に容疑者は犯人なのか? 被害者の遺族はここまで過剰な復讐(しゅう)を許されるのか? 刑事=正義と言えるのか? あなたの固定観念は覆り、これまで経験したことのない感情が沸き起こる。そして、衝撃の結末が待ち受ける……。果たして本当の“悪”とは何なのか――!?

映画『オオカミは嘘をつく』劇場予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=YpwERep2TUw&list=UU6klcAmXIQmfAiRVyqPO–Q

公開されたポスタービジュアルには、オオカミのシルエットの中に写る“容疑者”、“被害者の父”、“刑事”の3人の男たち。オオカミが牙をむくのは、赤ずきんを彷彿(ほうふつ)とさせる赤い服の少女です。予告編では、その少女の死が発端となって、3人の男たちが対立することとなり、徐々に破滅へと向かっていく様子が描かれます。見た目は善良な“容疑者”に対して、容赦ない暴行を加える“被害者の父”。被害者側とはいえ、狂気の復讐者となり、暴力を正当化することは許されるのでしょうか? 予告編に描かれる彼らの姿を観ただけでは、どちらが正義でどちらが悪かという判断がつかなくなり、思わず価値観が崩壊していく感覚に陥ります。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会