ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンタップで写真を送れるメッセージアプリ「Bolt」、送信後の削除も可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つい最近、Instagramが写真メッセージアプリ「Bolt」の試験運用をシンガポール、ニュージーランド、南アフリカで始めたが、そのアプリと同名の、しかも同様に写真メッセージ専用のアプリがこのほどリリースされた。

モバイルデートアプリ「Flikdate」の創業者が立ち上げたBoltのコンセプトは、「手軽に写真でコミュニケーションをとろう」というもの。アプリのカメラで撮った写真をワンタップで相手に送ることができ、今何をしているのか、どんなシチュエーションなのかなどを写真で素早く相手に伝えることができる。

このアプリは非常にシンプルで、3つの画面しかない。1つは写真を撮るためのホームスクリーン。撮った写真は、スクリーンにあるボタンをタップするだけで送ることができ、そこにテキストを加えることも可能となっている。

2つめはイメージ図を見るスクリーン、そして3つめはメッセージの履歴をチェックできるインボックスだ。

通常のメッセージアプリにはない機能として、Boltでは送信後「やっぱり送らなきゃよかった」と思った時に、メッセージ(写真)を削除できる。これは自身の端末だけでなく、相手の端末からも消えるようになっている。

また、友人らから送られてきた写真をパラパラと閲覧できる「フォト・スタック」機能もユニークだ。写真が表示されたスクリーンを左にスワイプすると削除でき、右にスワイプすると後でブラウズできるフォルダに保存される。

写真をすぐに共有したい、テキストを入力する代わりに写真で伝えたいという人に便利なこのアプリ、iTunesで無料ダウンロードできる。Android版も間もなくリリースされる見込みだ。

Bolt/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP