体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見たぞ、はやぶさの凱旋(がいせん)

政治・経済・社会
松浦晋也のL/D

今回は松浦晋也さんのブログ『松浦晋也のL/D』からご寄稿いただきました。

見たぞ、『はやぶさ』の凱旋(がいせん)
6月13日の朝、観測地下見のために『ニコニコ生放送(以下ニコ生)』一行とクーバーペディのビジターセンターで待ち合わせる。野尻さんが『Twitter』 で呼びかけると、およそ10名ほどの日本人がこのオーストラリアの辺境であつまった。なかには『mixi』で仲間を募り、レンタルのキャンピングカーで走ってきた猛者らもいる。車両に『はやぶさ』マークをはってアデレードから走ってきたとのこと。オーストラリアではやたらとキャンピングカーを見る。ワーキングホリデー中のIさんいわく、定年退職後の楽しみとして回っている人が多い。

見たぞ、『はやぶさ』の凱旋(がいせん)

ここで、『ニコ生』一行は買い物に回ったが、とんでもないことが判明。野尻さんと『三才ブックス』のSさんが、パスポートの入ったバッグを忘れていった!一見落ち着いていた野尻さんだけれども、実はかなり舞い上がっていた模様。彼らのホテルに忘れ物を届けてから下見に出発。スチュワートハイウェイを南下する。

下見の結果、クーバーペディから90kmほどスチュワートハイウェイを南下したところにある休憩のための駐車場で、『はやぶさ』を出迎えることにする。クーパーペディに戻って昼食はイタリア料理屋でピザ。野尻さんの呼びかけで知り合ったAさん、Oさんをクルマに乗せて観測場所に向かうことになる。Aさんはコマケン(小松左京研究会)メンバー、Oさんはその友人でオーストラリア労働ビザ取得を目指す看護士さん。

6月13日午後は、クーバーペディの観光に費やした。クーバーペディは世界の9割を占めるオパールの産地だ。オパールはシリカを含む水が泥岩の割れ目にしみこみ、長い年月の間に作り上げる。オパールが出るということはその場所の地層が数億年のオーダーで安定していたということだ。かつてのオパール鉱山を改装した博物館を見学する。クーバーペディは1980年までテレビ放送が入らない、文字通り地果つる地だったとのこと。

雲はかなり心配だったが、午後4時半の出発時点でかなり晴れていた。出発直前、国立天文台の渡部潤一先生に行き会う。国立天文台組はクーバーペディから30kmほど離れた自動車の入ってこない地点から観測するとのこと。しかも観測後はそのまま、明け方まで南天の夜空の撮影会に突入するという。さすが本職は力の入れ方が違う。渡辺先生は、酒瓶らしきものを手に提げていた。「お祝いに、ね」。午後5時半に観測場所に到着。『ニコ生』組はすでに到着し、セッティングを行っている。

見たぞ、『はやぶさ』の凱旋(がいせん)

日が沈む。360°地平線の風景が夕焼けで染まる。美しいの一言に尽きる。その後にはもっと素晴らしいものがあった。南半球の夜空だ。全天快晴、透明度最高の夜空。南十字星も大小マゼラン雲もはっきり見える。野尻さんが「石炭袋がくっきりと見える」と喜んでいる。ああ、もうこれが見られただけで、今回はいいやという気分になる。いや、今度は星空のためだけにオーストラリアに来たい。私はいて座方向の銀河中心を見ているうちに、猛然と行きたくなった。そちらに行くのが正しいかどうかは別として、だが。宇宙開発の是非を議論するならば、まずはこのような夜空の下で一夜を過ごすべきなのだろう。見て、なお“不要”と言える人がいるとは私には思えない。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会