ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【C86】竹達彩奈のメッセージも! 雪印コーヒー「ゆきこたんズ」お披露“耳”

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「雪印コーヒー」ゆきこたんアイドルVer.のパッケージ。販売は8月いっぱいまでを予定しているそうです。
雪印コーヒーの公式擬人化キャラクター「ゆきこたん」が、コミックマーケットに再び登場! 今回のC86では、西館の企業ブースNo.338にて、プロジェクトの2ndシーズンで誕生したアイドル・ゆきこたんズに関連したイベントや無料配布等を実施しました。

大盛況のブースの様子をご紹介します!

中の人お披露“耳”トークショー!

ブースでは1日3回、6人のゆきこたんの声を担当する“中の人”が、シルエットで登場します。姿は見えませんが、声が聞こえるということで、お披露“耳”というわけです。

時間になると、事前に配布された整理券を持った人々でブース前が埋めつくされます。

まずは、ゆきこたんズのセンター「うしっ娘ゆきこたん」を担当する人気声優・竹達彩奈さんが登場! ……ただし、スケジュールの都合により映像での出演でした。

ゆきこたんズによるミニドラマが流れたあと、いよいよ中の人がブースに! 今回は、「ミルククラウンゆきこたん」のmaoさん、「ぼんぼりゆきこたん」の*雪乃*さん、「手乗りゆきこたん」の小紺ココさんの3名が登場。回によってメンバーが変わります。

そして、3人による掛け合い生セリフを披露。

リアルタイムですぐ目の前で行われている生ゼリフ、みなさん可愛らしい声なのでドキドキします……! そして3人の掛け合いが終わると、「これ言ってー!!」コーナーに。

整理券になっている紙袋に書かれた番号が読み上げられると、事前に配られたセリフ一覧の中から、好きなセリフをその場で読み上げてもらえます!

そして最後に、3人によるデビュー曲「Milk&Coffee Love」の生歌を披露して、トークショーは終了となりました。

これは嬉しい! 雪印コーヒーの配布

灼熱の夏コミにおいて、水分補給は何よりも大切。トークショーの終了後や、無料抽選会の参加者には、ゆきこたん限定パッケージの雪印コーヒーが配布されました。

抽選会では、竹達さんをはじめ、ゆきこたんズの中の人サイン色紙や限定グッズが当たります。無料で参加できる上、雪印コーヒーももらえちゃうので、ぜひお立ち寄りください! (実施時間は日によって変動するそうです)

「オレたちのゆきこたんプロジェクト」の中の人にインタビュー!

大盛況のゆきこたんブースですが、その様子を見守っていたプロジェクトリーダーの竹谷さんに、3つの質問をさせていただきました!

コミケの感触は?

前回の夏コミでは、「ゆきこたん」が生まれたばかりで何もかも手探り状態でしたが、今年はそれぞれのキャラクターの個性がかなり見えてきたので、期待と怖さがありました。みなさんがどういった反応をされるのかな、と。

実際に会場で楽しんでいただけているのを見て、嬉しいです。また、私もプロジェクトを担当している身ですが、1人のファンのような感じで楽しませてもらっています。

プロジェクトの「ここに注目してほしい!」というポイントは?

“今”のゆきこたん」に注目して欲しいですね。春にそれぞれの名前が決まったばかりで、2ndシーズンにはまだ明かされていない秘密があります。

今後もいろんな企画を行っていければと考えているので、ぜひ皆さんに見つけていただけたらと思います。

その結果、私がいま想像している展開と違うものになる可能性もありますが、みなさんと一からつくるキャラクターということで、寄り添うような形で、今後も進められればと思います。最終的には、当たり前のようにそこにいるような、そんな存在になるのが一番の理想です。

今後の意気込みは?

Twitterなどを見ていると、たくさんの方に「ゆきこたん」をつぶやいていただけていたりして、嬉しい限りです。そうやって「ゆきこたん」の輪が広がり、また、みなさん一人ひとりと「ゆきこたん」とのつながりが深まっていってほしいと思います。

前回の夏コミ・C84の様子はこちらから

【C84】アイドル・レイヤーが雪印コーヒーに変身! 6人の「ゆきこたん」登場

引用元

【C86】竹達彩奈のメッセージも! 雪印コーヒー「ゆきこたんズ」お披露“耳”

関連記事

【C86】コミケに行くなら押さえておきたい! 企業ブースまとめ
「ゆきこたんズ」デビュー曲披露! PVはまさたかP・ビームマンP
【C84】アイドル・レイヤーが雪印コーヒーに変身! 6人の「ゆきこたん」登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP