ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ1つでビジネスからアウトドアまで! 非常時にも安心な万能ソーラー充電器『mPowerpad2 Pro』フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器で何でもできる今、特に気になるのは出先でのバッテリー。最近は様々な種類のモバイルバッテリーが登場していますが、今回はその中からthirdwave(サードウェーブ)の万能ソーラーバッテリー『mPowerpad2 Pro』をご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/645576

機能充実!ソーラーバッテリー『mPowerpad2 Pro』(thirdwave)


『mPowerpad2 Pro』は、アウトドアや非常時にも便利で安心な多機能ソーラー充電器『mPowerpad2 Xplore』に増設バッテリー『mPowerpack50』を取り付けたセットモデルです。


パッケージデザインも、ソーラーバッテリーとは想像できないほどオシャレ!


サイズはB5。少々大きめですがiPad並みの軽さなので気になりません。


裏面にはソーラーパネル。ソーラー充電器と一体型なので場所をとらないのが一番の特徴です。


懐中電灯や読書灯、FMラジオ、超音波虫除け、モールス符号によるSOS信号などバッテリー充電以外の機能も充実。さらに日常防水・防塵加工もされているので、コンセントのないアウトドアでも1台持っておけば一安心です。


横のサムホイールで機能を切り替えることができます。


読書灯をさっそく使ってみました。LEDライトのおかげで暗い場所でも操作しやすい!


下部分LEDの個数でそれぞれのバッテリー残数を確認可能。スマートフォンなら最大7回フル充電。タブレットなら1~2回フル充電することができます。そのほかiPodなどの音楽プレーヤーや携帯ゲーム機など、USBポートに接続できるものなら充電可能なのはうれしいですね!


上部分には電源と懐中電灯。


懐中電灯は明るさも十分です。


右側にはイヤホンジャック、スピーカー、操作用のサムホイール。


左側には出力用のUSBポートが2つ、入力用のMicroUSBポートが1つ。


モバイル機器の2つ同時の充電もOK。友達ともシェアできます。


本体の充電方法は3種類。ソーラーパネルでの充電はもちろん、USBポートのあるパソコンに接続して充電したり、別売りのACアダプターを購入すればコンセントからスピーディーに充電することもできます。


下部分。左側のツメで増設バッテリー『mPowerpack50』を取り外すことができます。


『mPowerpack50』手のひらサイズで持ち運びもラクラクですが、なんと5000mAh/3.7Vと大満足の充電容量! 


出力用のUSBポートと入力用のMicroUSBポートが1つずつ。薄いので鞄の中でもかさばりません。


『mPowerpack50』にも懐中電灯付き。暗闇での鍵開けや探し物に重宝しそうですね。


スマートフォンは最大3~4回フル充電。タブレットなら50%~100%充電できます。もちろんこちらもiPodなどの音楽プレーヤーや携帯ゲーム機などの充電も可能!


普段使いにはもちろん、停電が予想される大規模災害時などにも役立つこと間違いなしの『mPowerpad2 Pro』。アウトドア派さんには特にオススメです。

製品概要:『mPowerpad2 Pro』

■セット内容:『mPowerpad2 Xplore』/『mPowerpack50』/USBケーブル/ストラップ/日本語ユーザーガイド

■価格:22800円(税抜)

■スペック(mPowerpad2 Xplore)
内蔵バッテリー:6600mAh+5000mAh(mPowerpack50)/3.7V
入力:ACコンセント/PC USB/ソーラーパネル
出力:2つのUSBポート(5V/最大2A)
付加機能:懐中電灯/読書灯/SOS信号(モールス符号を発光)/FMラジオ/虫除け
本体サイズ/重量:241(W)x186(D)x20(H)mm / 575g

■スペック(mPowerpack50)
内蔵バッテリー容量:5000mAh/3.7V
入力:ACコンセント/PC USB/mPowerpad2
出力:1つのUSBポート(5V/ 最大1.4A)
付加機能:懐中電灯
本体サイズ/重量:127(W)x71(D)x13.3(H)mm / 125g

メーカー公式サイト:thirdwave(サードウェーブ)

http://the-3rdwave.com/index.html[リンク]

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。