ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで簡単に360度3D ビューの写真が作れる無料アプリ「3DBin」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの撮影アプリはいろんな種類が出ているが、このほど登場したiOSアプリ「3DBin」は、オブジェの3D 写真が作れるiOSアプリ。被写体の写真を何枚か撮るとわずか数秒で360度3Dビューの写真が出来上がる。

360度3D ビューって?という読者もいると思うが、通販サイトなどでよく見かける、画像の上でカーソルをドラッグさせることで商品を右に左に回転させられるあの写真のこと。メリットとしては、2Dの写真で見せるより、よりリアルに感じてもらえることが挙げられる。

360度3D ビューの写真を作成するには専門知識が必要だが、このアプリを使うと素人でも簡単に作成できる。使うには、アプリのカメラを被写体に向けた状態でぐるっと回り、何枚かの写真を撮影する。それだけで、後はアプリが写真をくっつける作業をしてくれるという手軽さだ。

出来上がった作品は、アプリ内のギャラリーに保存できる。もちろんFacebookやTwitterといったSNS、メールなどでのシェアもワンタップでできるので、子どもやペット、小物などを撮影して家族や友人に自慢してもいいだろう。

また、アーティストが自分で作った作品を誰かに紹介したり、あるいは小売業の人が商品を案内したりするのにも使えそうだ。どんな風に仕上げられるかは、サイトで使用例を確認できる。

これまで一部の人の“専売特許”だった技術が、こうして一般人でも簡単に使えるようになったという意味で、スマホの用途を広げたアプリとも言えそうだ。

アプリはのダウンロードは無料。ウェブ 版もある。

3DBin

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP