ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リバーシブルでより小さくなったUSB Type-C規格が完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

USB 3.0 の開発と普及活動を行う業界団体「USB 3.0 Promoter Group」は 8 月 12 日、スマートフォンやタブレットといった小型デバイスのための USB コネクタ新規格「USB Type-C」の完成を発表しました。USB Type-C は、USB 2.0 の Micro-B コネクタと似たサイズのコネクタ規格で、USB 3.1 やUSB 3.0に加え、 USB 2.0 との後方互換も持っています。コネクタサイズは 8.4mm x 2.6mm 以下で、約 10,000 回の抜き差しにも耐える設計です。電力供給容量は、コネクタ自体は最大 5A に対応し、標準ケーブルで最大 3A の給電が可能となっています。USB Type-C の特徴はリバーシブルなコネクタであるところです。既存のコネクタは向きを間違えると装着できず、力で押すとコネクタが破損することもありますが、USB Type-C ではコネクタをどちらの向きにも挿しても接続できます。Source : USB.org


(juggly.cn)記事関連リンク
YouTube、テレビ向けアプリのUIを刷新
Motorola、9月4日にMoto X+1やMoto G2、Moto 360のローンチイベントを開催
英HandtecでSIMロックフリー版「Galaxy Alpha」の予約受付が開始、価格は£414.99 (約7万円)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP