ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首輪に付けておくだけ!スマホで愛犬の居場所をチェックできる「WhistleGPS」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛犬家にとって、自分の犬の健康状態はとても気がかりなもの。昨夏、Whistleからローンチされた「Whistle Activity Monitor」は、犬の首輪に装着するタイプのモニターツール。小さなメタルディスクのような形をしていて、首輪に付けていると、ちょっとオシャレな首輪に見える。

このツールは、愛犬が1日にどれくらい歩いたり、あるいはどれくらいの時間休んでいるのかなど、日々の活動状況や健康状態を追跡する。ユーザーはスマートフォンでデータをチェックし、愛犬の現状を常にモニタリングすることが可能だ。

この「Whistle Activity Monitor」の改良版として、愛犬家にうれしい新機能が追加された「WhistleGPS」が登場するという。飼い主にとって、犬の健康状態とともに気になるのが犬の居場所。ただ、バッテリー継続時間や小型化の問題で、これまで「Whistle」には場所追跡の機能は実装できなかった。

新しくローンチ予定の「WhistleGPS」では、GPSとサブGHzのテクノロジーを組み合わせることで、愛犬の居場所を追跡する新機能が追加される。犬が見当たらないとき……飼い主はスマートフォンを取り出し、簡単に犬の現在地を探すことができるというわけだ。アプリはAndroid、iOSの両方に対応している。

ウォータープルーフ仕様の「WhistleGPS」は、黒、緑、青、赤、オレンジの全5色のラインナップから選択でき、バッテリーはおよそ1週間もつという。現在、Webサイトで事前予約を129ドルで受付中で、提供開始は2015年夏を予定。利用料として月5ドルがかかる。

WhistleGPS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP