ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年8月)、KitKatのシェアが20%を上回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Developers の公式サイトにて、2014 年 8 月 12 日までの 7 日間における Android OS のバージョン別シェア情報が公開されました。バージョン別シェアは、1 位が Jelly Bean (56.5%→54.2%)、2 位が KitKat (17.9%→20.9%)、3 位が Gingerbread (13.5%→13.6%)、4 位が ICS (11.4%→10.6%)、5 位が Froyo (0.7%→0.7%)でした。順位に変動はありませんでしたが、KitKat はリリースからシェアを上げ続けており、今回、遂に 20% を上回りました。5 台に 1 台は現行最新の KitKat を搭載していることになります。ユーザーインタフェースの仕様が大きく変化した Honeycomb 以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb 以上は前回から 0.1 ポイント減の 85.7%、Gingerbread 以下は 14.3% に上がりました。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
オフラインモードが有効になったAndroid版YouTubeのスクリーンショットがアプリページに掲載、提供間近?
Samsung、金属フレームでデザインを刷新した4.7インチオクタコアスマートフォン「Galaxy Alpha」を正式発表
Galaxy Mega 2か?、Samsungの6インチHDスマートフォン「SM-G7508Q」が中国で認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP