体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自撮空撮王への道」・・・・現時点で最高峰のお手軽カメラ付きドローン 『DJI PHANTOM 2 VISION Plus』購入顛末記(23)

DJIチャ

その昔、ラジコンヘリは、操縦難易度最高峰と呼ばれ、完全に素人さんお断りの敷居の高い世界でした。

しかしながら、最近はNHKのニュースでも取り上げられる程、今やラジコンヘリの進化形『ドローン』の知名度は一般に浸透し始めています。

『HEXO+』(自動追尾ドローン)に投資はしたものの・・・

HEXO+
http://hexoplus.com/

photo-main

https://www.youtube.com/watch?v=sKy_Qa6lMU0

以前の記事で、

http://getnews.jp/archives/636507

自動追尾ドローン『HEXO+』に出資した旨をご報告致しましたが、プロジェクトが完了して、実際の商品が届くと思われるのは、早くとも来年の中旬頃。それまでただ待っているというのは時間が勿体ない。

それまでにドローンというものの操作に慣れておきたいと思う所です。

ちなみに、自動追尾機能がついていない、いわゆるコントローラーで操縦するドローンは既に多々出ております。

また、空撮用の小型カメラ(主に『Go Pro』を想定しています)を搭載可能なドローンも販売されていますが、

ごャ

ドローン自体を購入した上に、更に『Go Pro』まで追加で購入する、というのは少々抵抗がありました。

というか、はっきりいってしまうと、ハウジング必須で液晶モニタも標準で付いていない『Go pro』は、出来れば買い足したくないのが本音でした。(『HEXO+』については、360camマウントセット&360camに出資済みです)

特に、空撮映像を撮影する際のカメラの揺れを防止する為の電動スタビライザー≒ジンバルと呼ばれるものが別途付属品であったり、自分でジンバルを後付けで取り付けを行う必要がある商品が多く、かと言って私がお気に入りのアクションカム『JVC GC-XA2』の様なカメラを搭載可能な、いわゆる三脚穴対応ドローンは更に数が限られてしまい、基本的に高額なものになってしまう様です。

gc-xa2_std
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy