ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

地味に高評価!映画『プリンス・オブ・ペルシャ』は隠れた名作か

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
game52

映画も観ていないのにこういう記事を書くのは適切ではないかもしれないが、あまり期待していなかったにもかかわらず、地味に高評価を得ている映画があったので紹介したい。その映画のタイトルは『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』で、ゲームソフト『プリンス・オブ・ペルシャ』シリーズが原案の映画作品である。

この映画に対して「あまり期待していなかった」というのは記者だけの意見ではない。公開前から、「ゲームが原作の映画だし期待薄」や「正直微妙」という内容の意見があったのは確かで、事実、センセーションを呼ぶほど人気を得ているとはいえない。まあ、ゲームや漫画が原作の映画は微妙なものが多いので、上映前から期待が薄いのは致し方ないかもしれない。

そんな流れのせいか、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』の上映が開始されて数週間経つにもかかわらず、あまり話題に上がってこない。インターネット掲示板、ブログ、映画サイトなど、上映開始時に少し話題になっただけで、現在はもう忘れかけられている(といっても過言ではない)。

だが、実際に映画を観た人たちの評価はそのほとんどが高評価で、『Yahoo!映画』のレビュー総合得点が約4点になっているのだ(満点は5点)。レビューを読んでみても「最近見た映画の中でかなり面白い部類に入ります」や「誰が見てもきっとそこそこに満足が出来る内容」、「ご都合ファンタジーではなく結構ちゃんとまとまったストーリー」、「コッテコテでベッタベタなストーリーとキャラクター達。だからこその安心感と安定感」と高評価で、あまり期待していなかったが観てみたらすごく良かったという人が多いようである。ファンタジーが嫌いな人が2点をつけていたものの、多くの人が絶賛していた。

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』は2004年に発売された同名のゲーム作品が原作となっている。日本ではプレイステーション2で遊べるが、最新の『プリンス・オブ・ペルシャ』シリーズはXbox360とプレイステーション3で発売されているので、気になる人は手にしてみるといいだろう。最新作『プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂』が同機種で2010年6月24日に発売される予定だ。それがおもしろいかどうかは不明だが、少なくとも映画は「おもしろい!!」と思っている人が多いので、興味が沸いたなら映画館に観にいってみるのもいいかもしれない。

画像: Yahoo!映画より引用掲載

■最近の注目記事
『デスノート』作者が壮絶な交通事故! 車がグチャグチャに
日本勝利でネットユーザー『名将・岡田監督に謝る』掲示板で一斉にゴメンナサイ
プリンを投げて逮捕! 警察「プリンもゼリーも投げたら暴行」

カテゴリー : エンタメ タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。