ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語を学びたい生徒とネイティブの高齢者をつなぐ、オンライン学習プラットフォーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近頃では、専用サイトやYouTubeの動画など、インターネットを介して学ぶオンライン教育が一般的になってきている。生きた語学を学びたいなら、やはりその言語を母国語とするネイティブと話すことが一番だろう。

ブラジルの「Speaking Exchange」という新しいサービスは、英語を学びたい生徒とアメリカ人の高齢者とを結びつけ、お互いが会話をする橋渡しをするものだ。若い世代に言語学習の講座コースを提供しているCNAが開発した。

若者たちの中には、生の英語を学びたいと思っても、外国に渡航や留学する費用を負担できない人も多くいる。そんなブラジルの若者に、引退して自宅で過ごしているアメリカの高齢者と、リアルタイムで会話をするチャンスを与えてくれるプラットフォームなのだ。

学生はプログラムにログインし、そのときオンライン状態の高齢者の中から1人を選択する。すると通信が始まり、ビデオチャットがスタート。会話の糸口になるトピックを教えてくれる機能もあるので心強い。特に授業時間の制限はなく、生徒と高齢者が好きな時間、お互いに会話を楽しむことができる。

講座中の会話は録画しておくことができ、生徒はプライベートのYouTube動画として復習に使ったり、教える側の高齢者は、会話全体を振り返って、次回へ生かすことができる。

生徒たちは生きた英語にリアルタイムに触れ、会話学習を体験することが可能になる。また、自宅で引退生活を送る高齢者たちは、若い世代と触れ合ったり、新しい人と出会うことで刺激を受け、アクティブな気持ちになったり、外界とのつながりをもつことにつながるだろう。

双方のニーズをかなえる非常に合理的な語学学習プラットフォーム。わが国でもぜひ、このようなサービスが普及していってほしいものである。

Speaking Exchange

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP