ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超便利!Googleドライブなどのファイルを数秒で可視化・整理できる「Mohiomap」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、「クラウド」という言葉がかなり広く浸透してきつつあり、ごく一部のIT系の企業に限らず、チーム内でDropboxやGoogleドライブといったサービスを使って資料やデータを共有することも珍しくなくなった。

また個人においても、Evernoteなどのサービスを有効活用しながらさまざまなログをとったり、情報整理をする人が増えてきている。

このようないわゆるオンラインストレージサービスは様々な利点がある一方で、日常的に活用している人にとっては悩ましい問題もある。

その1つが多くの情報を保存しすぎることによって生じる、ファイルが多すぎて整理・把握しきれないという問題だ。

おそらく複数人でGoogleドライブなどを利用している人ならそのような問題を抱えている人も少なくないはず。頑張ってフォルダを整理してもファイル数が増えていけばどうしても把握するのが困難になってくる。

そんな多くの人が抱えているであろう問題を、新しい手法で解決してくれる救世主が「Mohiomap」というサービス。

何となく名前から想像がつくかもしれないが、マインドマップの形式を用いてこの問題を解決してくれる。

使い方は非常に簡単で、無料登録をした後自身のGoogleドライブ、Dropbox、Evernoteのアカウントと連携するだけ。するとわずか10秒程で、連携したアカウントに保存されている全ファイルが魔法のように1つのマップとしてビジュアル化される。

サービスはフリーミアムモデルで、検索やタグの整理などは無料で利用可能。月額5ドルの有料プランだと、テーマのカスタマイズなどが可能となる。

情報がたまりすぎて整理しきれないという方には是非一度チェックして頂きたいサービスだ。
Mohiomap

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP