ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元祖ゆるキャラ!?土偶の世界にハマる“土偶女子”が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


縄文時代、私たちの遠い祖先がつくり出した“土偶”。その造形のおもしろさ、不思議さ、 かわいさ…。生命力に満ちあふれた土偶のただならぬパワーに惹きつけられる“土偶女子”たちが増加中だという。

世界文化社は、全国の選りすぐりのおもしろ土偶を集めて、やさしく解説した入門書『はじめての土偶』を発売した。

同書は、土偶の最大の特徴である“見た目のおもしろさ”を入り口にして、知識がゼロでも土偶の世界に入っていけるようにつくった、これまでにない土偶の入門書。写真を前面に打ち出し、ちょっと肩の力を抜いたコピーを添えて、鑑賞者の想像力をかきたてる構成になっている。


たそがれているのか? 体育座りをしているのか? まるでポーズを取る「しゃがむ土偶」、つり目とおちょぼ口がかわいらしく、プロポーションはため息が出るほど美しい「縄文のビーナス」、そして同書の表紙にも選ばれた、アスリートのように完璧に均整の取れた姿を持つ国宝「縄文の女神」…。

ゆるキャラ顔負けの脱力系土偶から、グラビアアイドルにも引けを取らない土偶まで、国宝を含めた、全国選りすぐりのおもしろ土偶70点が掲載されている。

一度見れば、あなたも土偶の摩訶不思議な魅力にハマってしまうかも!? 『はじめての土偶』の詳しい内容はこちら(http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/14222.html)を見てほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP