ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)、5.5インチAndroidファブレット「Redmi Note」のLTE版を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 小米科技(Xiaomi)が5.5インチファブレット「紅米Note(Hongmi Note / Redmi Note)」のLTE対応モデルを正式に発表しました。Redmi Noteは、1,000元未満で販売されているコストパフォーマンスに優れた5.5インチのAndroidファブレット。本日発表されたLTE版は、既存のRedmi NoteにTD-LTEとFDD-LTEのデータ通信機能を追加したものなのですが、プロセッサがSnapdragon 400 1.6GHzクアッドコアに変更されたのか、質量も3G版から10g増えています。基本スペックは、5.5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、2GB RAMと8GB ROM(Micro SDカードも利用可能)、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラを搭載。バッテリー容量は3,200mAh。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM(クアッドバンド)/WCDMA(900/2100MHz)/LTEに対応しています。LTE版は、8月12日に中国移動のネットワークに対応したモデルが発売され、8月26日には中国聯通のネットワークに対応したモデルが発売されます。価格は999元(約16,500円n)と増強版と同額です。Source : Xiaomi


(juggly.cn)記事関連リンク
アディダス、心拍トレーニングにも使えるスポーツ・フィットネス用ウェアラブルバンド「miCoach Fit Smart」の日本モデルを8月15日に発売
Android版トリップアドバイザーがオフライン利用に対応
LG G3 Stylusが今四半期中に発売されるという噂、5.5インチ端末で筆圧感知型のスタイラスペンを備えるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。