ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“原爆の日”の『中国新聞』ラテ欄が「縦読みすると平和へのメッセージになっている」と感動の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日、8月6日は“原爆の日”。この日にあわせて広島で追悼式典が行われたり、全国で黙祷がささげられるなか、『中国新聞』のラテ欄(ラジオ・テレビ欄)に、縦読みで平和へのメッセージが書かれていると話題になっています。

この日の『中日ドラゴンズ』と『広島東洋カープ』の野球中継を担当する、RCC中国放送のラテ欄担当者が仕込んだ紹介文は、

カープ今夜はナゴヤド
―ムで強竜打破!カー
プ女子が敵地でも熱烈
応援?真っ赤な左翼応
援席に注目▽先発バリ
できれば完投完封勝利
きっと好投見せてくれ
るはず▽今季RCCは
平日全勝中なんです!
和製大砲不在でも堂林
に菊&丸コンビ▽期待
感高まる田中広輔▽感
謝胸に8・6野球中継

と、縦読みすると、「カープ応援できる平和に感謝」になります。L字にして、「感謝胸に8・6野球中継」というところまで読む見方もできますね。これに対しネット上では、

これはすごい
涙でちゃうね
日本人として感動
本当に感謝です

などと、絶賛の声が多数上がっています。ちなみに、全国各紙が同じ内容を掲載したため、『朝日新聞』『毎日新聞』『読売新聞』などでもこのラテ欄を読むことができるとのこと。“原爆の日”の本日、きっと多くの人が平和への感謝を胸に野球中継を楽しむことでしょう。それにしても、縦読みを考えるのには大変な労力を要するはず。完成するのにどのくらい時間がかかったのかを知りたいところです。いつか自分の記事で縦読みを仕込んでみようかな。

※画像は『Twitter』より引用

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP