体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『るろうに剣心』佐藤健×伊勢谷友介×大友監督インタビュー「あの時代の“生きる”ってすごく重い」

DSC_7193

「週刊少年ジャンプ」にて発表され、爆発的ヒットを記録した和月伸宏のコミックを実写映画化した『るろうに剣心』。12年の公開から2年の月日を経て、ファンの間で最も人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編『るろうに剣心 京都大火編』が8月1日より公開し、大ヒットを記録しています。

主演はもちろん佐藤健さん。武井咲さん、蒼井優さん、青木崇高さん、江口洋介さんら前作からのキャストに加え、志々雄真実役に藤原竜也さん、四乃森蒼紫役に伊勢谷友介さんら実力派キャストが追加。『龍馬伝』の大友啓史監督がメガホンをとり、日本映画史上類を見ないスケールのアクションエンタテインメント作が完成しました。

今回は、大友啓史監督、佐藤健さん、伊勢谷友介さんの3名にインタビュー。映画の見所や、撮影の苦労話などを伺ってきました。

※すべての画像は(http://otajo.jp/41021)をご覧ください。

(撮影:周二郎探検隊)

DSC_7170

――作品を拝見して、前作以上にパワーアップしたアクションの数々に大興奮でした。そして「京都大火編」には、悲しい人間ドラマが描かれていて。剣心にとって志々雄は敵でも、志々雄には志々雄の想いがあるわけで……。監督が『京都編』に惹かれた理由を教えてください。

大友:僕は『龍馬伝』の監督もやっていますから、幕末に生きた人物についてはある想いをめぐらせるわけですよね。吉田松陰がどういう想いで死んでいったんだろうとか。『るろうに剣心』も、エンタテインメントでありながらその時代に生きていた人々の無念さや悲しさを痛いほど描いている原作です。あの時代の人達の「生きる」という意味って今以上にすごく重かったと思うから、その生きる支えを無くした時の念とかパワーはそれこそ倍返し、10倍返しになると思うんだよね。

伊勢谷:『るろうに剣心』で描かれているのって、言ってしまうと必要とされなくなった人達なんですよね。幕府側でも無いし、倒幕側でも無いという、そのひずみが戦いのパワーになっていますよね。僕は『龍馬伝』で高杉晋作を演じていますが、幕末という事でそちらの方が演じていて気持ちを入れやすかったです。蒼紫は本当に体の奥から恨みつらみが沸き上がっているんですよね。

大友:『京都大火編』での蒼紫のセリフって「どこだ……抜刀斎……どこだ……」ばっかりだもんね(笑)。

伊勢谷:そうなんですよ。「抜刀斎……どこだ……」「俺の幕末は終わってない……」だけですもんね(笑)。

DSC_7159

――伊勢谷さんは蒼紫にキャスティングされた時、率直にどの様な感想を抱きましたか?

伊勢谷:『るろうに剣心』は前作でもアクションでもの凄いチャレンジをしている作品でしたので、その中で僕も新たなチャレンジを出来ると思ったので参加させていただきました。そしてコテンパンにされました(笑)。

――アクションで相当苦労されたと。

伊勢谷:膝に水たまるんだ!? って驚きましたね。健君はものすごくアクションが上手ですから、年下だけどとても勉強になりました。少しでも追いつこうと一生懸命トレーニングしていたのに、健君もさらにトレーニングしてくるからなかなか追いつけないわけですよ。

佐藤:いえいえ、僕も必死だったんですよ(笑)。蒼紫とは出会ってすぐに戦うシーンなので、自分の事でいっぱいいっぱいというか、緊張感がものすごくて。

伊勢谷:そうかなあ、ひょうひょうとしている様に見えたんだけど。でも後から健君も体ボロボロだったって聞いて。この『京都大火編』と『伝説の最期編』では、最後の方の健君の顔全然違ったもんね。志々雄と対峙する所なんて、目から血が吹き出るんじゃないかっていうほどの迫力だった。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。