ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【デカ盛り】神保町まんてんで「ぜんのせカレー」を食す

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京の出版社が複数集まっている地・神保町。そこには伝説的なカレー屋『まんてん』があり、デカ盛りカレーが食べられるのです。学生やサラリーマンが行列を作り、大ボリュームのカレーを食べています。

カレーが好きなら一度は行くべき店です。でも僕は小食なので、食いしん坊な女子大学生・麗美ちゃんに食べてきてもらいました。以下は麗美ちゃんからのレポートをまとめたものになります。

「トッピングも全部載せたカレーを食べました。ぜんのせカレーです。お皿が大きくないので、他店のデカ盛りカレーよりも少ないって思いました。でも、揚げ物が本当に美味しい。カレーよりも揚げ物の方が好きかも。あまり辛く感じなかったのは、私が激辛マニアだからかも?」(麗美ちゃん)

赤いウインナーが特徴的な「ぜんのせカレー」。コロッケ、シュウマイ、カツ、ウインナーが沢山載っています。人によっては、見ただけで満腹になってしまう事もあるそうです。本当にこんなに食べられるのかな? と思ってしまう訳ですね。

ご飯の量は大盛りよりも大きいジャンボにする事も可能。福神漬を沢山盛って食べている人もいるそうです。

この『まんてん』ですが、インターネットの掲示板2ちゃんねるにスレッドが作られる程の人気っぷりです。学生から社会人まで、幅広く愛されているカレー屋なんですね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP