体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台北 最新レポ】 台北で人気?本物ソックリ「スラムダンク」のユニフォーム

1バスケットボールを題材にしたマンガ『SLAM DUNK(スラムダンク)』。週刊少年ジャンプで1990年から1996年まで連載され、テレビと映画でアニメ化もされました。その連載終了から18年が経ってもその人気はおとろえず、「永遠のバイブル」という人も多いはずです。

そのスラムダンク人気は国内にとどまらず、海外にも広がっています。特に、バスケットボールが盛んな中華圏での人気が高い。中国本土はもちろん、台湾でも根強い人気を誇っています。そんな現状を先日、目の当たりにしました。
台北駅の地下街には、さまざまな店舗が並んでいるのですが、その中の雑貨店で見かけたのが、スラムダンクに登場する学校のユニフォームの数々。主人公の桜木花道らが所属した湘北をはじめ、ライバルの海南大付属や陵南、さらに、全国大会で対戦した山王工業、豊玉までそろっているではないですか。もちろんナンバーもプリントされていて、「SHOHOKU 11」だとRUKAWA(流川楓)です。湘北の赤木剛志キャプテンが事あるごとに言っていた「全国制覇」をプリントしたタオルもありました。
思わず店頭で手にとってみてみると、素材も意外と作りはしっかりしていました。ただし、ライセンス商品かどうかは場所柄、「?」でしたが…
その場で購入している人を確認できなかったので、いったいどの程度売れているかは不明です。しかし、そのユニフォームを着ている人を先日、大阪市内で目撃しました。しかも、大阪にあるという設定だった豊玉高校の4番、南烈のユニフォームを着ている若い女性。ただし、その手には大阪の観光ガイドブック(中国語)を手にしていたので、台湾か香港ではないかと推測します。大阪だから豊玉だったのも定かではないものの、台北と大阪でスラムダンクの根強い人気、世界にも広がっているのを感じさせられた次第です。

2

(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【NY最新レポ】 お茶、パック寿司、ラーメン…「日本」ブーム続々
【台北 最新レポ】 台湾が日本人観光客に人気な理由ベスト5
【NY最新レポ】 タイムズスクエアの「トイザラス」はテーマパーク!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy