ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『零~ゼロ~』予告編解禁 学園内に現れる美少女の幻が綺麗コワい[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月26日の公開を前に依然話題となっている映画『零~ゼロ~』より予告編が到着。
今作独特のレトロで閉鎖的な雰囲気のなか、学園にふと現れる美少女・アヤの幻がなんとも不気味な映像となっています。

予告編が表示されない方は元記事をご覧ください




「深夜零時ぴったりに――昨日でも、今日でもない瞬間に――あの子の写真を観ると 死ぬ」

閉塞感漂う山間の町にある学園寮で暮らすアヤ。彼女が部屋にこもってしばらく経ったある日、学園内で女生徒数人が謎の失踪、水死体となって発見される事件が起こります。
失踪した女生徒に共通していたことは、アヤそっくりの少女が写った写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていたこと。
「アヤが皆に呪いをかけている――」
そんな噂が広まり、クラスメイトのミチもまたアヤの幻に悩まされるようになっていたある日、本物のアヤがミチの前に姿を現し、こう告げます。
「あれは私じゃない。私とそっくりの女の子。一緒にこの女の子の呪いを解いてほしい」
アヤとミチは協力し、この学園に渦巻く謎と呪いを解き明かそうと試みます――。




「この子ほんとうに生きてるのかしら……」と疑ってしまうほどの透明感と儚さ、非現実的な美しさを持った少女・アヤを演じているのは雑誌『セブンティーン』モデルの中条あやみさん。大丈夫、生きてる人だった。
アヤとは違う、少しか弱く可愛らしい印象のミチとの対比もまた印象的。少女たちの美しさが映像の不気味さにより拍車をかけています。
今作の監督を務めているのは『呪怨 黒い少女』を手がけ、今年『バイロケーション』も公開となった安里麻里監督。数々のホラー作を手がけている安里監督が、どれほど恐ろしい美少女ホラーをつくりあげたのか? 9月26日の公開をどうぞお楽しみに。

映画『零~ゼロ~』
キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純
原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊) 
主題歌:JAMOSA「LOVE AIN’T EASY」(rhythm zone)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA

公式HP:www.zero-movie.jp[リンク]
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP[リンク]
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP