体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”ゆるキャラ”ができるまで ~生みの親が語る西宮「みやたん」制作秘話~

miyatan

テレビで彼らの姿を目にしない日はないほどの勢いで全国を席巻しているゆるキャラブーム

あまりに生命感あふれるゆえか、彼らが地方自治体や企業のイメージ向上という使命を背負った”作品”であることを忘れてしまっている人は多いのではないだろうか。

彼らはどのような過程で、どんな人によって作られているのか?

今回、兵庫県西宮市の観光キャラクター『みやたん』を制作したデザイナーのたかいよしかずさんにお話をうかがうことができた。

P1130100

筆者:『みやたん』制作はどのような形でオファーがあったんでしょうか?

たかい:今は市の観光キャラクターに昇格したんですが、もともとは『西宮まちたび博』というイベントのマスコットキャラクターとしてオファーがあったんです。「観光客だけでなく市民の方にももっと自分の街を知ってもらいたい」というような趣旨のイベントですね。

僕は西宮市に住んでいるんですが、過去に”西宮在住の絵本作家”として取り上げていただいた機会がありまして、そういったご縁で市役所の担当者の方に紹介されたんです。

筆者:西宮市はいわゆる”ゆるキャラ”を作ろうとしてたかいさんにオファーされたのでしょうか?

たかい:市のほうから「こんなイメージのものを作ってほしい」というような希望や制約はまったくありませんでした。僕はもともとハッピーで可愛らしい作風なので「この人にまかせれば可愛いキャラクターができるだろう」くらいのことはあったかもしれませんが。

ですからお話は「まちたび博のキャラクターを作ってください」ということだけでした。ほんとは縛りがあったほうが作り手としては楽なんですけどね(笑)

筆者:たかいさんにおまかせだったんですね。どのような発想からみやたんが出来上がったのでしょうか?

たかい:「市内には甲子園球場とか西宮神社、酒蔵とか有名なものはいろいろあるけど、建造物をモチーフにするとそこだけのキャラクターになってしまうからアカンなぁ……やっぱり自然を表現するべきかなぁ……」といろいろ考えてたんです。

そのうちにまちたび博というのは西宮の町を”〇〇をてくてく歩く”ことだと考え、その方向性からキャラクター像をイメージしていきました。とは言っても初めは「歩くってことは靴のキャラクターか、ゆっくり歩くから亀か?……いや全然かわいくないな」とか試行錯誤ばかりで(笑)

aa

最終的に「てくてく歩く、てくてくあるく……てるてる坊主みたいやな!」という流れでみやたんの土台ができました。

筆者:みやたんは案外思いきった発想から生まれていたんですね(笑)

たかい:すべては”てくてく歩く”っていうフレーズからですよね。

『みやたん』っていう名前は市民からの応募で決まったんですけど、それまでは僕自身で『てく坊』って呼んでたくらいです。

筆者:みやたんの企画がスタートした2011年頃、ゆるキャラは今ほどのブームではなかったと思いますが、すでにひこにゃん(彦根市 2006年)、せんとくん(奈良県 2011年)などの有名ゆるキャラが注目を集めていました。

みやたんを制作するにあたり意識されることはありませんでしたか?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy