ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一面に広がる紫色!「たんばらラベンダーパーク」で関東最大5万株のラベンダーが最盛期!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


群馬県沼田市の「たんばらラベンダーパーク」で、関東最大5万株のラベンダーが最盛期を迎えている。東京から約2時間、首都圏よりも約10度も涼しい標高1300メートルの高原は、避暑にも最適!じゅうたんのように一面に広がる紫色と、さわやかな高原の風を感じに訪れてみてはいかが?

たんばらラベンダーパークでは、早咲きのラベンダー「こいむらさき」(1万5000株)、中咲きの「おかむらさき」(2万5000株)が見頃を迎えており、まさにラベンダーの最盛期となっている。遅咲きの「スーパーセビリアンブルー」(1万株)も8月中旬にかけて見頃を迎える。

また、8月4日~8月8日には、ラベンダーの摘み取り体験も開催予定!摘み取ったラベンダーはドライフラワーやポプリにオススメだ。ラベンダースティックなどのクラフトの材料としても利用できる。10時~、13時~(各先着20名 ※当日受付)で、1回500円(約50本程度)。

そのほか、サルビアやマリーゴールドが咲く、彩(いろどり)の丘も、今が見頃という。花の香りとともに、記憶に残る夏の思い出となるはず!詳細はこちら(http://www.tambara.co.jp)で確認してほしい。

■「たんばらラベンダーパーク」
入園料:1000円(小学生以下無料)
営業時間:8時30分~17時(最終入園16時30分)


カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP