ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壁やスクリーンを80インチ大のタッチスクリーンにできる小型Androidプロジェクター「TouchPico」が登場(IndieGoGoで資金調達キャンペーン実施中)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

壁やプロジェクター用スクリーンを80インチ大のタッチスクリーンに変える小型Androidプロジェクター「TouchPico」が登場しました。現在はクラウドファンディングサイト IndieGoGoで資金調達キャンペーンが実施されています。TouchPicoは、ポケットサイズの小型Androidプロジェクターなのですが、付属の赤外線ベースのスタイラスペンとの組み合わせで投映したAndroidの画面をスマートフォンやタブレットのようにスクリーン上でタッチ操作できるこれまでになかった製品です。例えば、スクリーンの傍に立って直接触れる(スタイラス経由で)ことでアプリを起動したり、画面を切り替えたりすることができます。授業や会社でのプレゼンで役立ちそうです。ファームウェアにはAndroid 4.0を採用しており、このバージョン対応のAndroidアプリを実行できます。Wi-Fi b/g/nに対応しているので、Wi-Fiタブレットと同じレベルでアプリを利用できると思います。また、HDMI入力端子も搭載しており、HDMI対応のスマートフォンやタブレット、PC、Macの画面も投映できます。このほか、Micro SDカードスロット、オーディオ出力端子を搭載し、ワイヤレスマウスも付属します。プロジェクターの投映解像度は854×480ピクセルで、輝度は最大150ルーメンです。IndieGoGoにおけるTouchPicoの発送時期は10月後半です。市販価格は$499とされていますが、IndieGoGoでは$349~の寄付でTouchPicoとスタイラスが提供されます。Source : IndieGoGo


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、9月4日にベルリンでIFA 2014のプレスカンファレンスを開催
中国 Xiaomiが2014年Q2の世界スマートフォン出荷シェアで5位に(Strategy Analytics調査)
Super AMOLEDディスプレイを搭載した「Galaxy Tab S」2機種が国内で本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP