ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google I/O 2014用Androidアプリのソースコードを開発者向けにオープンソース公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは7月30日(現地時間)、Google I/O 2014のためにリリースした同イベントの公式Androidアプリのソースコードをオープンソース公開しました。Google I/O 2014アプリをオープンソース公開したのは、このアプリを現在のアプリの基準と位置づけ、デザインや機能の実装をアプリ開発者の参考にしてもらうためです。アプリでは、同イベントで発表された“Material Design”の実装や、Fragments、Loaders、Services、Broadcast Receivers、Alarms、Notifications、SQLite、Content Providers、Action Bar、Navigation DrawerといったAndroidアプリの主要な機能を網羅しており、アプリ開発者さんにとってはベンチマークアプリとして開発の参考になるかと思います。Source : Android Developers BlogGitHub


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Androidウォークマン「NW-F880シリーズ」と「NW-ZX1」にアップデートを配信開始、Bluetooth機器との接続でWalkmanアプリが起動しなくなる問題に対処
NTTドコモ、クラウドストレージサービス「データ保管BOX」のWEBブラウザ版を公開
国内4社(ソニー、パナ、JDI、INCJ)が有機ELディスプレイの新会社「JOLED」を設立へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。