ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雑誌から切り取った広告が、子どもの位置を教えるリストバンドに!Niveaのユニークな試み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日差しが強く、暑い夏も真っ盛り。夏休みには、子どもを連れて海に行こうと計画している人もいるかもしれない。日焼け止めは夏の必需品だが、世界的なスキンケアブランドのNiveaとFCB Brasilがタッグを組み、とてもユニークな広告を展開したという。

雑誌内の日焼け止めの広告NIVEA Sun Kidsのページは、一見すると商品の写真とキャッチコピーから成る普通の広告ページ。だが、子どもを見守る親たちを助けるツールにもなるという。

実は、広告ページのNiveaブランドロゴ周辺にはミシン線がついていて、切り取ることができる。切り取ったストリップは、子どもの腕にリストバンドのようにして巻きつけて使う。紙のように非常に薄いストリップには、小型の位置入力装置が内蔵されている。

親はNivea Sun Protegeから専用のアプリをダウンロードし、子どものリストバンドと同期させる。ストリップごとに子どもの名前を入力することができ、離れてもよい最大距離を設定する。万一、子どもがフラフラと歩き回り、設定した最大距離に到達した場合には、アラートを送って親に知らせてくれるようになっている。ちなみに、このストリップは水に耐性があるので安心だ。

ビーチは人が多く混雑しており、ちょっと目を離した隙に子どもを見失ってしまう危険性もある。まずは子どもに日焼け止めを塗ってあげ、一緒に広告のリストバンドを腕に付けてあげれば……親にとっては安心だろう。

NIVEA Sun Kids

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP