ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungが米国で「Gear S」を商標出願、スマートウォッチのフラッグシップモデルでも投入予定?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが「Samsung Gear S」という名称を米国で商標出願していたことが判明しました。この商標は7月22日付けで出願されたごく最近のものです。「Gear」ブランドはウェアラブルデバイスで使用されている名前なので、スマートウォッチやアイウェアといった身に付けるデバイスのためのものだと考えられます。気になるのが最後の“S”。こういったネーミングは「Galaxy S」や「Galaxy Tab S」、「ATIV S」などのフラッグシップ製品で採用されています。つまり、「Gear S」はウェアラブルデバイスのフラッグシップ? Gearシリーズの製品はまだスマートウォッチしかされていないので、スマートウォッチのフラッグシップとも考えられそうですが、最近では「Gear VR」といった別ジャンルの製品も発売されそうなので、どんなジャンルのフラッグシップなのかはまだ断定できません。Source : USPTO


(juggly.cn)記事関連リンク
エイティング、アクションRPGゲーム「激突!ブレイク学園」のAndroid版を配信開始(プレスリリース)
Googleドキュメント / スプレッドシート / スライドのWEB版のトップ画面が“Material Design”を採用した新デザインに刷新
Link Bubbleがv1.3.1にアップデート、Android Wearでページの一部を閲覧可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP