ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google GlassがWEBカメラのUSB-OTG接続をサポート、追加カメラをリアビューモニターにすることも可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが7月15日にリリースされたGoogle Glass向けのXE19.1アップデートで、GlassがWEBカメラのUSB-OTG接続をサポートしたことを明らかにしました。外付けカメラのサポートにより開発者さんたちはカメラへのアクセス権を持っている場合にGlass用アプリに外付けカメラ用のカメラビューといったカメラ機能を追加ことが可能になります。ただし、カメラを増設するには別途ドライバを追加する必要があるので、USBメモリのようにプラグ・アンド・プレイで利用することはできません。カメラ増設の用途としては、GoogleがGoogle I/O 2014のセッションでユースケースを紹介したように、サイクリング中に増設カメラをリアビューモニタにして振り返らずに後方を確認することが可能になります。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
AT&T向け「LG-D631」も「LG G Vista」、マニュアルより判明
£6,750(約115万円)の超高級Androidスマートフォン「Vertu Signature Touch」の実物写真
フォーカル・ポイント、スマートフォンと連携する「雨量計」を7月28日に発売、雨の降り始めをスマートフォにプッシュ通知することも可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP