ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google翻訳」の翻訳品質向上を目的としたコミュニティサイトをオープン、ネットユーザーの言語知識を活用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが同社の翻訳サービス「Google翻訳」の翻訳品質の改善を目的とした新しいコミュニティサイトをオープンしました。オープンしたコミュニティサイトは、ネットユーザーの言語知識を活用しようというもので、参加者は画面に表示されるフォームに正しい訳を入力したり、翻訳結果が合っているのかどうかをマウス操作で判定したりすることで、品質改善に寄与できます。具体的には、画面に表示される原文の訳を入力したり、翻訳結果が合っているのかを「Yes」「No」で回答したり、翻訳結果にレート付けして精度を評価したり、どちらの翻訳結果がより正確なのかを判定します。アンケートみたいな感じでそれほど面倒ではありません。分からない質問はスキップできるので、外国語が得意な方はみんなのためだと思って参加してみてはいかがでしょう。利用方法は、下記のリンク先からコミュニティサイトにアクセスし、「Get It」をクリックして利用を開始。トップ画面の「My Langueges」で分かる言語を最低2言語を選択します。後は、翻訳の方向別に用意された各ボタンをクリックして作業を開始します。Source : Google BlogTranslate Community


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(E8)は香港でも発売されることに、7月31日に発表
2014年Q2の世界タブレット出荷台数シェア、Appleのシェアが30%を割る、Lenovoは3位に浮上
NTTドコモ、新料金プランで“らくらくスマートフォン”を購入すると端末価格を5,400円割り引く「期間限定らくスマ割」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP