体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビ+PC+ゲームを一台で! ナナオが地デジチューナー搭載の23型フルHD液晶モニタ発売へ

EIZO FORIS FX2301TV


ナナオは、地上デジタル(以下、地デジ)チューナー搭載の23.0型カラー液晶モニタ『EIZO FORIS FX2301TV』を6月24日より発売します。ヘッドホン向けバーチャル5.1chサラウンドと倍速表示を実現し、ゲーム、パソコン、テレビなど一台でさまざまなコンテンツを楽しめるモニタです。価格はオープンですが、同社オンラインストア『EIZOダイレクト』での販売価格は9万9800円(税込み)です。

リビングルーム向けの大型テレビは、フルハイビジョン・倍速駆動などの機能を備えていますが、小型テレビではこれらの機能を持つ製品は多くありません。今回、ナナオが発売する『EIZO FORIS FX2301TV』は、リアルでなめらかな映像を再現する倍速表示を実現した、23型フルハイビジョンテレビ。個室などプライベートな空間で、テレビ、映画、ゲームなどを、美しい映像と迫力のサウンドで楽しめます。

EIZO FORIS FX2301TV

サウンドシステム構築が難しい空間でも、手持ちのヘッドホンで臨場感あふれるバーチャル5.1chサラウンドを実現。業界初のドルビーデジタル・ドルビープロロジックII対応により、2chリニアPCM信号やアナログのステレオ信号も5.1chに拡張し、さらにバーチャル処理を加えることでヘッドホンで5.1chサラウンドを体感できます。

サラウンドモードでは、コンテンツに合わせて選べる3モードを用意。音がどこで鳴っているかが明確で、主人公視点のシューティングゲームで、敵や障害物の位置が判断しやすい『ゲーム1』。適度に残響を加えて臨場感が増す『ゲーム2』。そして、映画などを迫力ある音響で楽しめる『ムービー』。映像と音が進化していく最新のゲームの魅力を充分に引き出します。

EIZO FORIS FX2301TV

映像表示においては、1秒間120フレームの動画を再生する倍速表示を実現。動きの早いゲームでも残像感がなく、リアルでなめらかな映像を再生します。入力端子は、各2系統のHDMI入力端子、D5端子をはじめ、合計7系統を豊富に装備。地デジ放送、パソコン、最新ゲーム機から従来のAV機器まで、幅広い機器に対応します。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会