ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオ、Bluetoothに対応したスポーツウオッチ“PHYS”の新モデル「STB-1000」シリーズを発表、スマートフォンと通信し、フィットネスアプリのデータを腕時計で確認できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオ計算機は7月24日、Bluetoothでスマートフォンと通信し、フィットネスアプリのデータを腕時計で確認できる機能を備えたスポーツウオッチ“PHYS”の新モデル「STB-1000」シリーズを発表しました。発売予定日は9月27日で、価格は13,500円+税となっています。STB-1000シリーズは、Bluetooth Smartに対応したPHYS新モデルです。何が新しいのかというと、スマートフォンで利用している特定のフィットネスアプリと連携できるようになっており、ランニングやウォーキング、サイクリングなどのスポーツ時にアプリで取得しているデータを腕時計で確認できるようになったところと、スマートフォンの電話やメール、SNSなどの通知したり、時計のボタンを使って音楽プレイヤーをリモート操作できるところです。対応するフィットネスアプリは現在のところ、ABVIOの「Runmeter」「Walkmeter」「Cyclemeter」、Runtasticの「Runtastic GPS」、MapMyFitnessの「MapMyRun」「MapMyWalk」「MapMyRide」「MapMyHike」「MapMyFitness」、Wahooの「Wahoo Fitness」、カシオの「CASIO WATCH+」のみ。スマートフォン側はiPhoneにか対応していません(Androidへの対応時期は不明)。STB-1000シリーズはCR2032のボタン電池1個で2年は持つとされています(モバイルリンク1日12時間使用した場合)。カラバリはブラックとオレンジの2色です。Source : カシオ計算機


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、“Material Design”への対応を行った「Chrome for Android 37 Beta」をリリース、他のGoogleアプリと同じログイン方式に変更
Galaxy Tab Sの画面で細いペン先のスタイラスペンが使えるのかどうかを確認
Antutuアプリの提供元が2014年Q2のベンチマークスコアランキングトップ10を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP