ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Lava、Windows Phoneとして発売したスマートフォンのAndroid版「Xolo Q900s」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドのスマートフォンメーカー Lavaが厚さ7.2mm・質量100gと薄くて軽い新型Androidスマートフォン「Xolo Q900s」を発表しました。Xolo Q900sはインドで発売される機種なので、日本の方にとってはあまり興味のないことかもしれませんが、実はこれ、同社がWindows Phoneとして「Xolo Win Q900s」のAndroid版(Android 4.4)なのです。製品ページを見る限り、外装や内部仕様はWindows Phone版と同じで、OSを入れ替えただけというどのメーカーもやりそうになりことを同社はやっています。価格は9,999ルピーとWindows Phone版(11,999ルピー)よりも若干安くなっています。

Xolo Q900sは、4.7インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、Snapdragon 200 MSM8212 1.2GHzデュアルコアプロセッサ(Adreno 302)を搭載したエントリーモデルで、デュアルSIMに対応しています。メモリは1GB RAMと8GB ROM(Micro SD最大32GB対応)を搭載。カメラは背面に800万画素と前面に200万画素を搭載。バッテリー容量は1,800mAhです。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 2100MHzに対応しています。筐体サイズは135.8 x 67.2 x 7.2mmとなっています。Source : Xolo


(juggly.cn)記事関連リンク
2014年Q1の国内モバイルデバイス出荷台数は前年同期比8.8%増の1,488万台(IDC Jpaan調査)
LG、QuickCircleケースの小窓で遊べるゲームアプリ「Quick Circle PuppyPOP」をリリース
Xperia L用のCyanogenMod 11 Nightly公式版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP