ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外に行く前に最低限知っておきたい英語フレーズ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 海外旅行で特に困るのが、体調を崩してしまった時ですよね。どこがどう具合が悪いのか、いまどういう症状なのか、英語ではなかなか伝えられなくて、やきもきするばかりか、余計に具合が悪くなってしまいます。
 そのような事態を防ぐためにも、あらかじめこういった緊急事態に使いそうなフレーズをいくつかおさえておきたいものです。

■旅先で「乗り物酔いした」「お腹が痛い」
 飛行機、船、電車、バス、タクシーなど移動に乗り物は欠かせませんが、乗り物に酔ってしまうととてもつらいですよね。そんな時のひとことはこちら。

「乗り物酔いした…」
I’m sick.

 また、海外では水が合わなくて体調を崩す人も多いですよね。そんなときはこう言いましょう。

「お腹が痛い…」
My stomach hurts.

■羽目を外し過ぎて「二日酔い」に…
 旅行中になぜか痛くなってしまうことがある虫歯。どうしても我慢できなかったら、次のように言いましょう。

「虫歯が痛い…」
My tooth hurts.

 海外旅行では羽目を外していつもよりお酒を楽しんでしまい、二日酔いに苦しむこともありますね。

「二日酔いだ…」
I have a hangover.

■「風邪ひいた」「風邪に効く薬ありますか?」
 海外旅行では、疲れなどから体調を崩してしまうこともあります。自分の症状を人に伝える上ではこんな表現が有効です。

「気持ち悪い」
I don’t feel so well.

「鼻かぜひいた」
I’ve got the sniffles.

「風邪ひいた」
I caught a cold.

 また、体調が悪い時には、滞在先のホテルのフロントや薬局などで、次のように尋ねられたらいいですね。

「風邪に効く薬ありますか?」
Do you have anything for a cold?

 このように、いざという時、言いたい英語がすぐに見つかる便利なフレーズ集が、デイビッド・セイン先生の『学校では教えてくれなかった英語 「ごちそうさま」を英語で言えますか?』(アスコム刊)です。
 夏休みの海外旅行やホームステイでぜひ使ってみてください。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
英語ペラペラになるための切り札とは?
中高6年勉強しても日本人が英語を話せないワケ
英会話で困ったときに使えるフレーズ10選

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP