ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警察庁発表の「脱法ドラッグ」の新しい呼称「危険ドラッグ」にネットでは賛否

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

7月22日、警察庁が一般から意見を募集していた「脱法ドラッグ」の新しい呼称として「危険ドラッグ」に決定したことを発表。他に、「準麻薬」「廃人ドラッグ」「危険薬物」「破滅ドラッグ」などの応募があったとのことである。

募集当時、ネットではさながら大喜利大会のようにいろいろな呼称の案が書き込まれていたりしたようだが、「危険ドラッグ」というどちらかと言えば普通の呼称になったことに賛否両論のようである。以前、振り込め詐欺の新名称案を募集し「母さん助けて詐欺」なるものが選出されたが、ほとんど定着しなかったことを引き合いに出す人も。

実際、ネット上では
「センスが悪い」
「安直すぎる」
「危険さが伝わるか疑問」
「罪悪感を感じない」
といったように今回の決定に疑問を呈す方も多いようだ。一方で、
「ダサイから手をださなくなるかも」
といったような意見もある模様。

果たして今回決まった「危険ドラッグ」なる呼称、果たして浸透するのだろうか……。

画像は警察庁のサイト(http://www.npa.go.jp/)より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP