ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【鳥肌】映画『ドラキュラZERO』特報映像を見よ!! ゾクゾクするほどかっこいいダークな世界[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月31日の公開が待ち遠しい映画『ドラキュラZERO』より、特報映像が公開となりました。

映像とすべての画像がご覧いただけない方はこちらをご覧ください。

15世紀に実在し、その残虐性を恐れられていたワラキア公国の君主ヴラド・ドラキュラ。『ドラキュラZERO』は、この人物の物語をベースに描かれたアクション・エンターテインメントです。特報映像では、ヴラドが闇の力と契約し、“ドラキュラ”と化す姿が捉えられています。

なんともイケメンなヴラド。演じているのは『タイタンの戦い』『ワイルド・スピード ユーロ・ミッション』に出演したルーク・エヴァンス。

平和を望むヴラドでしたが、彼の治めるワラキア公国は対立するオスマン帝国の侵略により、壊滅的なダメージを受けます。

愛する人と国を守るため、ヴラドがおこなったことは――


おそろしい、“闇の力”との契約でした。

強大な力を操るようになるヴラド。歩く姿がそのままコウモリの群れと化す鳥肌モノのシーンも。

か、かっこいいぃぃぃ~~~……。

この映像のゾクゾク感に拍車をかけているのは、弱冠18歳の女性シンガーLorde(ロード)の歌うテーマ曲「Everybody Wants To Rule The World」。セクシーでダークな低音ボイスがヴラドの“影”の部分を表現するかのようでたまりません。これは、劇場の大音量で堪能したい……ッ!

2014年は『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』の日本公開もあり、ゲーム『悪魔城ドラキュラ』のシリーズ最新作リリースもあり、密かにドラキュラ・イヤーかも?
映画『ドラキュラZERO』は10月31日より公開です。歯を食いしばって待て!!

監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス「ワイルド・スピード EURO MISSION」「タイタンの戦い」
サラ・ガドン「コズモポリス」「危険なメソッド」、ドミニク・クーパー「リンカーン/秘密の書」「マンマ・ミーア!」、サマンサ・バークス「レ・ミゼラブル」
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:東宝東和/(C)Universal Pictures

公式サイト:http://dracula-zero.jp/[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP