ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大分vs熊本」温泉PR合戦が生む相乗効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「おんせん県おおいた」VS「熊本ふろモーション課」勃発

もし、あなたが商品のPR担当者だったとしたら、どのような方法で商品をPRするでしょうか?商品の歴史を紹介しますか?それとも、商品の機能を紹介しますか?もしくは、商品の使い方を紹介しますか?PR方法は様々ですが、「面白いPR方法」として参考にしたいのは、九州の温泉PR合戦をしている、大分県と熊本県の温泉PR動画です。

昨年、「おんせん県おおいた」で商標登録を獲得した源泉数日本一の大分県が、「おんせん県っていっちゃいましたけん!」というキャッチコピーで、手作り感と自虐ネタを取り入れたユーモアたっぷりのCMを次々と制作し大きな話題を呼びました。

それに対抗するように、昨年下旬に、源泉数5位の熊本県も「熊本ふろモーション課(通称:ふろモ課)を設立し、県営業部長である、くまモンの「部下」として、お笑い芸人のレイザーラモンRGさんを起用し、ユーモアたっぷりの動画を次々と公開しています。

「ライバル関係」をつくることで生まれた相乗効果

この温泉のPR合戦は、ユニークな動画のみならず、先行する大分県を熊本県が明確にライバル視することによって、相乗効果を生み出している点も注目です。相乗効果とは、ある要素が他の要素と合わさることによって、単体で得られる以上の結果を上げることです。単純に源泉数5位の熊本県が、観光客の誘致を狙って温泉PR活動をするだけでは、大きな話題を呼ぶことは難しかったかもしれません。しかし、同じ九州地方の隣の県であり、温泉PRで先行する大分県をライバル視し、大分県と同様にユニークな動画を使って温泉PR活動を行うことによって、多くの人の興味を刺激し成功に至っています。

また、大分県の「別府地獄めぐり」を強く意識し、「あっちが地獄なら、こっちは天国だ」というキャッチコピーを掲げ「天国VS地獄」という形のPR合戦にすることによって、話題になりやすい状態にしている点も見逃せません。YouTube上では、大分県のユニークなPR動画は昨年の11月下旬を最後にそれ以降は公開されていませんが、熊本県のユニークなPR動画が今年の6月下旬から公開されると、ライバル視されている大分県のユニークなPR動画も再注目されるという効果も生み出しています。また、 「地獄」観光を体験した人が、「せっかくだから天国も体験したい」と思い、熊本県に観光に行くという可能性も生まれます。(もちろん逆のパターンもあります)。このように、明確なライバル関係をつくることによって、一方を体験した人の「もう一方も体験したい」という気持ちを刺激することができるので、ライバル視した方とされた方の双方にメリットが生まれるのです。

この温泉PR合戦は、温泉に限らず多くの業種の企業、さらに地方自治体にとっても、参考になるユニークなPRの事例ではないでしょうか。ただし、忘れてはいけないのは、集めた人を、いかにしてリピーターになってもらうかということです。集めるためのPR活動だけでなく、集めた人をしっかりとサポートする仕組みをつくることが、とても大切。温泉地に集めることに夢中になりすぎて、集めた人を放置し、湯冷めさせることのないよう注意しましょう。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP