ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お寺おやつクラブ」の活動報告

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 
「お寺おやつクラブ」のスタートから半年が経ちました。たくさんのお寺さま、企業さま、そして個人のみなさまにご賛同、ご支援いただき母子家庭支援の輪が広がっています。

この半年の活動成果を一部分ですがみなさまにご報告させていただきます。

■そもそも「お寺おやつクラブ」ってなに?

「お寺おやつクラブ」は、お寺にお供えされるお菓子や果物などの「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、様々な事情により貧困生活を送る母子家庭へ、おやつとして「おすそわけ」する活動です。

全国には100万人を超える母子家庭があり、その約6割が貧困生活を送っています。そのような環境で育つ子どもにとって、食の問題は深刻であり、おやつや果物を食すること無く生活する場合も少なくありません。

一方、全国のお寺では熱心な檀信徒さまのお参りとともに、たくさんのお菓子や果物が日々お供えされます。 お寺で修行する僧侶やそれを支える家族、また檀信徒さまのお茶菓子などで食されるお供え物ですが、食べきれずにダメにしてしまう場合も少なくありません。

そのような状況にある、全国のお寺さんとシングルマザーのご家庭を繋ぐことで、貧困問題などの課題解決をめざす活動が「お寺おやつクラブ」です。

■2014年1月〜6月の活動実績(母子家庭へのおすそわけ活動)

企画に賛同いただき参加表明いただいたお寺さんは41カ寺、企業さまは2社、個人さまは4人となりました。

実際におすそわけ物資の送付を行っていただいたお寺さまは31カ寺、支援先は29ヶ所です。これまでに段ボール箱にして100箱を超える物資が配送されています。

母子家庭に加え、子どもたちの居場所づくりや学習支援を行っている団体さまへのおすそわけも始まり、月によって変動がありますが、毎月50名を超える子どもたちへおやつをお届けしています。

■お母さんや子どもたちからの声をご紹介いたします

○ありがとうございますー!!果物(梨)を頂けたのは私的に嬉しかったです!!
なかなか食べさせてあげれないので(>_

松島靖朗の記事一覧をみる ▶

記者:

松島靖朗:彼岸寺

ウェブサイト: http://www.higan.net/bizplan/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP