ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、アプリ内購入機能を備えた無料アプリ・ゲームを「無料」とは表示しないことに方針を変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Playストアで「無料アプリ」として配信されているアプリ内購入機能を備えたアプリは、今後、少なくともEU加盟国の中では「無料」アプリとは表示されなくなります。欧州委員会(EC)は7月18日(現地時間)、フリーミアムのビジネスモデルを採用したオンラインゲームやモバイルゲームにおいて、消費者による不慮の購入で苦情が多数寄せられていることを受け、それを防止のためにガイドラインを策定し、アプリストアを運営しているAppleやGoogle、その他の関連企業にガイドラインに準じた対策を講じるよう要請したことを発表しました。欧州委員会からの要請にGoogleが応えたのが今回の表示方法の変更措置です。問題とされているのは、「無料」アプリとして配信されているアプリ内購入機能を備えたゲームアプリで実際にどれくらいのコストがかかるのか分からず、消費者に誤解を与えがちなところとされています。アプリ内購入機能は利用しなければ無料で利用できるのですが、アイテムを購入し始めると「無料アプリ」とはいえ、多額の費用をかけてしまうこともあります。Googleは既に対策を実施中としており、2014年9月までにそれに関する変更を完了させる予定だと発表文の中で述べています。Source : Europe.eu


(juggly.cn)記事関連リンク
PressyのようなAndroid用外付け物理ボタン「Android KlicK Quick Button 1S」、「i-Key」、「Xiaomi MiKey」がAmaozn.co.jpで販売中
Philipsが中国でフルHDディスプレイを搭載したオクタコアスマートフォン「Philips Mobile I908」を発表
Android版Google Maps Engineがカスタム地図の作成に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP