ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の高校野球、名門校が次々敗退の怪。浦和学院・仙台育英など優勝経験校が次々に姿を消す

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

熱戦が続いている夏の全国高校野球予選。今年は波乱が起こっている。なんと優勝経験のある有力校・名門校が次々に敗退しているのだ。2013年春優勝校の埼玉・浦和学院、2012年明治神宮大会・国民体育大会優勝校の宮城・仙台育英等の有力校が既に敗退。昨年の出場校も敗退する学校が出てきた。2ちゃんねるやツイッターでは「今年の高校野球はどうなるんだ」という声が上がっている。既に敗退が決まった有力高校は以下のとおり。

宮城では2強の仙台育英・東北が敗退。埼玉では浦和学院が敗退。

【秋田県】秋田商(2012,2013二年連続出場)
【宮城県】仙台育英(2012年、国体優勝・神宮優勝)・東北(2003年夏準優勝)
【埼玉県】花咲徳栄 浦和学院(2013年春優勝) 聖望学園(2008年春準優勝)
【千葉県】銚子商(77年夏優勝、95年春準優勝)
【京都府】京都外大西(2005年夏準優勝)
【香川県】丸亀(昨年出場)
【宮崎県】延岡学園(2013年準優勝)
【沖縄県】沖縄水産(1988年国体優勝)

この内、ここのところの代表校が仙台育英・東北で固まっていた宮城県は、12年ぶりに4強全てが公立校ということになった。塩釜、佐沼、利府、気仙沼の4高校で、この内夏の大会に出場したことがあるのは気仙沼高校のみである。新聞各紙も「珍事」(日刊スポーツ)、「塩釜は34年ぶり、佐沼は25年ぶり、利府は2年ぶり、気仙沼は27年ぶりの準決勝進出。4強を公立勢が占めるのは12年ぶりで、仙台市内の学校が残れなかったのは史上初。」(河北新報)と大きく報じている。

今年の甲子園は大波乱になりそうだ。

(画像はウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92%E7%90%83%E5%A0%B4#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hanshin_Koshien_Stadium.JPG より)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松平東龍」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP